FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

関寺小町のつづき

登場した一行は向かい合って次第を謡い、地取りでワキツレは腰を下ろし、子方とともに正面を向いたワキが名乗り。江州関寺の住侶と名乗って、この山陰の藁屋に住む老女が歌を詠むと聞いたので、老女の私宅に急ぐところと言います。

続いて拍合の上歌が来るのが一般的な流れと思うのですが、ここはワキ、ワキツレが拍不合のサシで「颯々たる涼風と衰鬢と 一時にきたる初秋の 七日の夕に早なりぬ」と謡い、ワキの詞。今宵は七夕の祭と言い、上歌になります。なにやら一段、趣き深い感じがします。
観世の本では、冒頭のワキの名乗りの中で「今日は七月七日にて候程に 七夕の祭を執り行い」とありますが、下掛宝生にはこの言葉はない様子。サシの謡を聞くと、冒頭で七夕の日と断るのは些か説明的な感じもあり、冒頭の名乗りの詞章は省かれているのかも知れません。

上歌の終わり「松風までも折からの」で後見が立ち上がって藁屋に寄り「手向けに叶ふ夕かな」と引廻しに手をかけると、ワキの着きゼリフで引廻しを落とし、床几に腰を下ろしたシテが姿を現します。
ワキは、老女の私宅に着いたので暫し様子を覗おうと言い、従僧を促してワキ座へと着座します。

引廻しを下ろされた藁屋には左右に、地謡側をやや高くして短冊が下げられています。
藁屋の中からシテの謡い出し。囃子のアシライはなく、シテの謡のみで老残をしみじみと謡い上げます。最後の「あら来し方恋しや」と繰り返すところで笛がアシライ、若き日を思ってシテがシオリます。

この謡に、ワキは子方を立たせてシテを向き、二足ほど出て藁屋の内に声をかけます。
関寺の辺りに住む者だが、老女の事を聞き、歌詠みのすべなど尋ねようと稚児達を連れてやって来たと述べます。観世の本には「この寺の稚児達歌を御稽古にて候が」とあって、歌詠みの老女の所に稚児を連れて来た訳がわかるのですが、他流の本ではこの章句を欠いているので、なぜいきなり稚児を連れて来たのか分かり難い感じがします。観世流のみなので、この辺りを斟酌して後から補ったのかも知れません。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2360-69752f23

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad