能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

関寺小町もう一日のつづき

杖を持って舞う形で、途中で扇を広げますが二段では角で杖と扇を持ち替えます。角からシテ柱に向かい、ここで暫し柱に寄りかかり休息を取る型が入ります。三段を静かに舞ってワカ「百年は 花に宿りし 胡蝶の舞」と謡って上扇。

ノリ地の「あはれなり あはれなり 老木の花の枝」に十足ほど出て「さす袖も手忘れ」と謡いつつサシて、地謡の「裳裾も足弱く」で開キ。「漂ふ波の」と謡いつつ扇カザシ、地謡「立ち舞ふ袂は翻せども 昔に返す袖あらばこそ」で左に回って正面に向き直り、「あら恋しのいにしへやな」と謡いつつ両手で杖にすがりつつ腰を下ろします。

地謡「さる程に初秋の短夜 はや明け方の関寺の鐘」と聞きつつシオリ、杖を置いて下居。
シテ、地謡と交互に謡って、シテ「羽束師の森の」と平ノリに戻り、扇を胸に杖取って、ゆっくりと立ち上がると「暇申して帰るとて」の謡にワキに向き、「杖に縋りてよろよろと」と、左に向いてつつっと賴りなく歩む態。
藁屋に入ると「小町が果の名なりけり」と下居し、謡が終わると残る囃子に作り物を出て留。いわゆる残り留で終曲となりました。

メモをもとに舞台の様子を書き綴ってみました。
この曲の難しさは百歳の小町という、生身の老女が主人公であることでしょう。いくつかの資料にも見かけましたが、当時、百歳の老女など見たこともないというのが普通のはずで、それを想像の中で演じなければならない。しかも見苦しくもなく、かつ小町らしい機知に富んだ様子もそれとなく示しながら演じる、その難しさが最奥の曲になったということかと思います。
思い切って観に行って良かった・・・それが素直な感想です。
近くの席の若い方が気持ちよさそうに寝入っておられましたが、それもまた良し。例え寝てしまっても、観に行ったことを良かったと思う日が来ると、思っています。

なお「玉造小町子壮衰書」ですが、平安中期ないし末期に成立した古詩で、小野小町の物語として読みつがれてきたものです。杤尾武さんの校注で岩波文庫に収録されていますが、杤尾さん自身が『壮衰書は本来小野小町を題材にしたものではないのではなかろうか。・・・中略・・・原壮衰書は「玉造小町」を冠することなく、「女人壮衰書」とでも称したものと考えられる』と書いているように、栄華を極めたのち零落して老いさらばえ、町を徘徊する女子を主人公に、世の無常と仏の救済を描いたものだったようです。
これがいつの間にか小野小町の物語と解されたとういのが真相のように思われます。謡曲には「一夜泊りし宿までも 玳瑁を飾り 垣に金花を懸け 戸には水晶を連ねつつ・・・」とありますが、壮衰書には「家装珻瑁・・・垣画丹青・・・戸浮水精」などの章句がみられます。
(110分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2365-60781f33

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad