FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

桧垣 本田光洋(金春円満井会特別公演)

金春流 国立能楽堂 2017.12.10
 シテ 本田光洋
  ワキ 福王茂十郎
  アイ 善竹十郎
   大鼓 國川純、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 一噌庸二

昨年最後の観能となった金春円満井会特別公演、桧垣と石橋という番組です。同じ月には観世流の鵜澤久さんも檜垣を舞っておられたのですが、本田光洋さんは外せないと思う一方、年末に両方を観に行くまでの余裕もなく、こちらの会を訪れました。

さて舞台には長上下姿の囃子方が登場し地謡も出て座が落ち着くと、後見が鉄紺色…とでも言ったらよいか…の引廻しをかけた檜垣藁屋を持ち出してきて大小前に据えます。
名宣笛が奏されてワキの出。角帽子を被り、小格子厚板に白大口、深緑の水衣を着けて常座に進み名乗り。肥後国、岩戸という山に居住する僧と言い、岩戸の観世音に参籠して美しい景色を見ると…という趣旨のことを言ってサシ謡。
南西は海と雲とが一つになって広がる景色、訪れる人も稀で心を慰める自然が多い美しい景色に、早三年居住してしまったと謡います。

続けて詞。百歳にもなろうという老女が、毎日閼伽の水を汲んで持ってくるので、今日もやってきたならば、名を尋ねようと思う旨を述べ、ワキ座に着座します。

次第の囃子、前シテの出です。
いずれも金地の摺箔に無紅唐織。唐織を壺折にし、右手に杖、左手には水桶を持って橋掛りを進むと、三ノ松あたりで一度佇む形。囃子を聞き、笛の音で再び歩み出して常座に進み、斜め後ろを向いて次第の謡。
地取りでやや前に出てサシ。さらに下歌、上歌と謡って詞になりますが、そのあたりはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2366-ca372b13

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad