FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

桧垣さらにつづき

中入となり、アイの善竹十郎さんが進み出ます。
常座でこのあたりに住まいする者と名乗り、肥後の国には霊験あらたな社寺が多い中、岩戸の観世音は天下に隠れなく自分も心から仰ぎ慕っているが、ここに尊い御僧が参籠されており常々参詣してきた。このところ所用で訪れることができなかったので今日は急いで参ろう、と言って正中に出てワキと対面します。

ワキは白河あたりに住んでいた白拍子の話をするようにと求め、アイがあらためて白拍子のことを語ります。型通りに桧垣の女が白河あたりに住み、藤原興範に水を汲んだ話をして、さてどうしてその様なことを尋ねるのかという、これまた型通りの問答から、桧垣の女の霊を弔うことになり、アイが下がります。
十郎さんのアイは、狂言の際の飄逸な雰囲気とは変わって能のアイらしい深い情趣がありますが、今回は特にゆったりと間も取り、曲の位を感じさせるものでした。
ともかくもアイが下がるあたりまでで既に一時間ほど。ゆったりと時間が流れる感じでした。

アイが下がるとワキがワキ正に向き直り、古の桧垣の女が仮に現れて言葉をかけたのか、これも末世の奇特と思いながら尋ね行けば、と言いつつ立ち上がり、二、三足進んで正に直し「不思議や早く日も暮れて」と謡い出します。
「不思議や早く日も暮れて 不思議や早く日も暮れて 川霧深く立ち籠る陰に庵の燈火の 仄かに見ゆる不思議さよ ほのかに見ゆる不思議さよ」と謡ってワキ座に着座します。
下掛の本では謡い出しが「出づればやがて日も暮れて」となっており、さらにこの謡の後に「南無幽霊出離生死頓證菩提」と祈りの句があるのですが、上掛ではありません。
ワキの謡が終わると後シテの出となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2368-6b5215ec

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad