FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋 群勢 深津洋子(金春円満井会特別公演)

金春流 国立能楽堂 2017.12.10
 白 深津洋子
  赤 村岡聖美 柏崎真由子 林美佐
  ワキ 森常好
   大鼓 安福光雄、小鼓 大山洋子
   太鼓 吉谷潔、笛 一噌幸弘

昨年12月の金春円満井会特別公演は、先に記載した本田光洋さんの桧垣と、狂言が昆布売、そしてこの石橋という番組でした。

石橋はこれまで5度、このブログで鑑賞記を書いています。
これまでブログに取り上げたのは、宝生流の高橋憲正さん(鑑賞記初日)、金春流の山井綱雄さんでこちらは古式の小書付(鑑賞記初日)、同じく宝生流の田崎隆三さんの連獅子の小書付(鑑賞記初日)、喜多流の粟谷能夫さん(鑑賞記初日)、そして同じく喜多流の粟谷明生さんの連獅子の小書付(鑑賞記初日)の5回です。

明生さんの石橋を観たのが2009年ですから、かれこれ9年ほど石橋を観ていなかったことになります。当時の観能記にも書きましたが、ずっと機会がないかと思うと続けて観ることになったりするもので、先日は花影会で師資十二段式の小書付も拝見しました。

さて金春の群勢ですが、一昨年NHK新春能狂言で金春安明さんのシテで放映されました。この時は丸能(前後ありの形、金春の能楽師さん達は半能に対して丸能と言っているらしいと以前にもブログに書きました)でしたが、今回は半能です。

上記の通り、石橋の鑑賞記は五度ほど書いていますので、この曲のあれこれを含め、目新しい話もありませんが、今回の上演を観て気付いたことなど、少しだけ書いておこうと思います。
その中身は明日に…
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2373-b14ee9dc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad