FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島のつづき

シテ、ツレが舟を漕ぎつつ謡う形で場面が展開し、上歌の終わりにシテが棹で漕ぐ形を見せて「棹し寄せて言問はん」と謡うと、ワキが立って声をかけます。
舟に乗せる、乗せないのやり取りから、地の下歌でシテ、ツレがワキを招き、ワキが舟の前の区画に立って同乗した形。ワキとツレが腰を下ろし、シテの漕ぐ舟で竹生島に向かうこととなります。

上歌「所は海の上」から、舟が湖上に漕ぎ出した態となり、小島さんの鑑賞記と同様の形で、途中何度か棹にてをかけて漕ぐ形を作りながら竹生島へと到ります。

シテの「舟が着いて候 御上り候へ」の声に、ワキが心得たとこたえ、ワキ座のワキツレが立ち上がります。シテが道案内をしようと言って舟を下り、お供しようと答えてワキも舟を下りてワキ座へ、同じく舟を下りたツレは笛座前に立ちます。

シテは常座の少し前あたりに出て宮に向かい、これこそ弁財天だとワキに教え、よくよく祈念するようにと進めて宮の前に下居。シテ、ワキの問答になります。
女人禁制の島に女人を連れてきたのは何故かと問うワキにシテが答えて地謡からクセへ。
クセの冒頭でシテは肩上げを下ろし、上げ端でワキに向かって語る風。地謡が受けて謡う中、ツレが立ち上がってシテの前を通り角へ。ワキに二足ほどツメると下がって扇を広げ「社壇の扉を押し開き」の詞章に合わせて扉を開く形から宮に中入。「翁も水中に」の謡にシテも立ち上がり、常座にてワキに向いてから開キ、正に直して開キから中入となります。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2376-fd32a5e9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad