FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島さらにつづき

中入で登場するアイは、これまでの鑑賞記にも書いたとおりで、大蔵流だと竹生島の天女仕える者と名乗り、天女を讃えた後に御蔵の鍵、天女が朝夕看経せらるる時のお数珠、二股の竹の三つの宝を見せ、岩跳びをします。

アイが退場すると地謡が「御殿頻りに鳴動して…」と謡い出し、引廻しが下ろされると、緋の大口に紫の長絹、天冠を着けた後ツレ弁財天が姿を現します。
この島の弁財天と名乗ったツレはノリ地で立ち上がると台を下りサシ込み開キ。袖の露取って常座に進み、開いて答拝。天女ノ舞の舞出しです。

ツレは天女ノ舞を舞上げ、ノリ地で雲扇して笛座に下がります。
「下界の龍神現れたり」の謡から早笛。
赤頭に龍戴をいただき法被半切で勇ましく登場、両手で宝珠を捧げ持っています。六つ拍子踏んで舞台へと進み、「光も輝く金銀珠玉をかの客人に捧ぐる気色」とワキに宝珠を渡し、舞働。

さらにノリ地でシテが舞い「天女は宮中に入らせ給へば」の謡に、ツレが先に退場。これを見送ったシテは橋掛りに入ると、幕前にて飛び回り、立ち上がって留となりました。

今回の観能は先日も書きました通り、会社のイベントを能楽鑑賞に振り向けての鑑賞だったため、初めて能を観る方がほとんどでした。私としては、脇能では高砂など、後場で神舞が舞われる世阿弥系の曲の方が好きではあるのですが、皆さんには竹生島が割合好評で、初めて観るには嵐山系のこうした曲の方が良いかな、とも思ったところです。
(75分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2377-410fe928

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad