FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月 観世喜之(九皐会三月定例会)

観世流 矢来能楽堂 2018.03.11
 シテ 観世喜之
  ワキ 森常好
  アイ 深田博治
   大鼓 安福光雄、小鼓 幸清次郎
   笛 一噌庸二

「・・・喜之先生の花月!?」
というのが番組を見たときの最初の印象です。
中所さんから雲林院上演のお知らせをいただき、さて当日の番組はとみると「花月 観世喜之」。花月は面白い曲ではありますが、どちらかというと初シテの方をはじめ、お若い方が演じる小品といった印象を持っていまして、喜之さんのように会を主催する重鎮がなさるというのを、あまり見かけた記憶がありません。そんなわけで、いささか腑に落ちない感じを持ちながら、矢来の能楽堂に向かいました。
ですが、当然のことながら始まってみれば何の違和感もなく、八十歳を過ぎてなお少年を演じることができる能楽の面白さをあらためて認識したところです。

とは言え、喜之さんがどういうお考えで今この時に花月を演じようとされたのかなどと、とりとめもなく考えているうちに、さて花月というこの能、どういう曲なのかもう少し調べ、考えてみようと思い立ちました。
というわけで、花月の鑑賞記はこれまで三度ほど書いていますが、今回は趣向を変えて、舞台の様子は簡単にまとめ、この花月という曲自体を廻ってのあれこれを書いてみようと思います。

まずは舞台の様子を簡単に。
次第でワキの出、角帽子に茶の水衣、無地熨斗目の着付けで登場し常座で次第。次第の後の名ノリ。これまであまり意識しませんでしたが、この花月では下掛宝生の詞は観世の本と比べるといささか委しく語るようです。観世の本では出家した経緯を述べ、諸国修行の由を述べて道行となりますが、森さんの謡では出家の経緯を語った後に、都は人の集まるところなので都に上り、行方知れずとなった子供を尋ねようと思う旨を述べます。
このためか、道行の後の詞は、観世の本では都に着いたので清水に参り花を眺めようとあるのに対して、清水に着いたので心静かに行方を尋ねようと謡い、「清水寺門前の人」とアイを呼び出します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2390-1f57db4c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad