FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月を廻ってなおつづき

花月を廻って、様々なことを書いていますが、花月を特徴付ける大きなところ「芸尽くし」では、弓ノ段に関連しての話を書きました。
舞台の方は、弓ノ段の後に曲舞があり、親子の再会の後には鞨鼓、そして山廻りと続いていきます。そこで、曲舞、鞨鼓、山廻りについて、少しずつ気になることなどを書き記しておこうと思います。

まず曲舞ですが、二つほど。
一つは「甲グリ」の話です。「カングリ」と読みますが、このブログでは「能狂言のあれこれ」の「ツヨ吟とヨワ吟」の項目で簡単に触れています。
ですが、より詳しく分かりやすい説明が、時々引用させていただく「謡曲の統計学」のサイトにありますので、ぜひ参照されると良いと思います。統計学をまとめられた大角征矢さんが、「能・謡 ひとくちメモ」として書かれたものから36話ほど掲載されていて、この一話で「ツヨ吟の甲グリ」に触れています。

しかし私、どうもこの甲グリが音楽的にはあまりしっくりしないように思えて仕方ないのです。だからこそ何か特別に強調したい部分に用いられているのかも知れないなあ、などと考えています。

そこでこの花月ですが、「楊柳観音」のところに使われています。
クセは清水寺の草創について触れ、大同二年の春、坂上田村麻呂が清水寺を創建したと始まります。これは能「田村」の詞章と同じですが、さらにあるとき、清水の音羽の瀧が五色に見えたので水上を尋ねると「こんじゆせんの岩の洞」に青柳の朽木があり、その木から光が差して異香が四方に薫じていた。これは疑いもなく…「楊柳観音の御所変にてましますか」と続く部分です。

この清水寺創建をめぐる部分が二つ目の話です。
清水寺の本尊はご存知の通り千手観音でして、どうして楊柳観音が出てくるのかが分かりません。謡は「朽木の柳は緑をなし 桜にあらぬ老木まで皆白妙に花咲きけり さてこそ千手の誓には」とあって、千手観音も出てきますが、どういう伝承をもとにこの謡が書かれたのか、探した限りでは解説したものがありませんでした。

さらに「大同二年」です。
清水寺の寺伝では、寺の開創は宝亀九年(778年)とされ、行叡居士から霊木を託された賢心が音羽山の草庵と観音霊地を守ったとされています。後に坂上田村麻呂が寺院を建立したとされますが、それは延暦十七年(798年)と伝えられています。
大同二年は807年で十年近い開きがあります。坂上田村麻呂が亡くなったのは弘仁二年(811年)ですから、807年でも変ではありませんが、寺伝と明らかに異なった時期になっているのは妙です。
ところでこの大同二年ですが、実は東北から、私の住む茨城まで、この年を創建・中興とする寺社が多々見られます。またその創建などには空海や坂上田村麻呂の名前が必ずといって良いほど出てきます。どうも何か大きな歴史的事件が背景にありそうな気がするのですが、現状、これ以上のことは分かりません。おいおい色々と調べてみようかと思っています。
「こんじゆせん」というのもなんだか分からないのですが、こちらも将来の課題です。
というわけで、鞨鼓などの話は、また明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2399-b51eefed

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad