FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月を廻ってなおなおつづき

曲舞に続いては鞨鼓です。
能の舞には様々なものがありますが、中ノ舞や序ノ舞、男舞や神舞など名前に「舞」のつくものと、楽や神楽などのように「舞」のつかないものがあります。

鞨鼓は文字通り、鞨鼓を腹部につけ撥で打ちながら舞うものですが、森田流奥義録には、あえて「鞨鼓の舞」といわずに単に「鞨鼓」と称するのは、純粋の舞というよりはむしろ鞨鼓を打つことが目的だからだ、と解説されています。
なるほどと思うところですが、続けて、この鞨鼓を用いる能は幽玄を骨子としたものではなく、雑能物に属する喝食風体をシテとする能で、喝食物の本義は「自然居士」と「東岸居士」の二曲。これに準ずる物として「花月」一曲をあげ、放下僧、藤栄、望月は喝食物にあらざる鞨鼓物と分類しています。

本義とした二曲と花月とを分けたのは、自然居士と東岸居士の二曲ではシテが僧体であり、喝食鬘に喝食面をつけ、水衣に掛絡をかけた白大口姿であるのに対し、花月は僧体ではなく正真の喝食…天狗に取られた少年であり、僧形体ではないので準ずるものだとしています。なるほど、そういう解釈もあるのかとあらためて思った次第です。

鞨鼓自体は雅楽で使われる鼓の一種ですが、小型の独特の鼓でなんでも演奏はたいへん難しいのだとか。平安時代には既に、これを胸に付けて舞うといったことがされていたようですが、放下の芸として、簓やコキリコなどとともに演じられ「八撥」といわれたようです。
ところで舞の方の鞨鼓ですが、破ガカリ中ノ舞が最初にあって初段から狭義の鞨鼓になり、三段目の途中から男舞の地に直るのが通常の形ですが、金春は段直りなんだそうで、三段の頭から男舞の地に直るそうです。今度、機会があれば、気を付けて観てみようと思いました。
残る山廻りの話はおいおいと
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2400-e957b772

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad