FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雲林院のつづき

花を乞うも盗むも花を思う心あってのこと、いずれ散ってしまう花を惜しむなというワキに、シテは舞台に入り、風は花だけを散らすが、枝から手折ってしまうのは無情な人だと言いつつ常座に出、ワキに向き合います。
シテ、ワキの問答となり、古今集に採られた素性法師の歌「見てのみや人にかたらむ桜花手ごとに折りて家づとにせむ」などを交えつつ、花を折る、折らないのやり取りをして地謡。

惜しむも乞うも情けあり、と謡う地謡を聞きつつ、ワキを向いての問答から一度正に直したシテは、再び二足ほど出てワキに向き合い、さらにゆっくりと正中、大小前と舞台を一廻りして常座へと進み「都ぞ春の錦なる」と謡い納める地謡に、二足ほど前に出ます。

あらためてワキを向いたシテは、どこから来た人かと問います。
ワキは津の国芦屋の公光と名乗り、霊夢の話をします。紅の袴姿の女性と束帯姿の男が伊勢物語の草子を持って佇んでいるので、あたりにいた老人に問うと、あれこそ業平と二条の后、場所は都北山の紫の雲の林と答えたという夢です。

この夢にしたがってここまでやって来たというワキに、シテは今宵はここに臥して夢を待つようにと告げます。こんなに詳しく教えてくれる貴方はいったい誰なのだとワキが問い、昔男と分からないかとシテの答え。ワキはされば業平かとさらに問いかけますが、シテは「いや」と答えて地謡に。

我が名をいうものではないが、花を思う心の故に木隠れの月に現れ出でてきた。昔を思い花のもとに一夜を過ごし、我が有様を御覧になれば不審も晴れるであろうと言い残し、夕べの空の霞に紛れてしまった…と地謡が謡います。
地謡の一句を聞いてワキは下りワキ座に着座。シテは三、四足出て一度ワキと向き合うと正に直し、「まことに昔を恋衣一枝の花の影に寝て」と常座からワキ座を向いて正中へサシ込み開キ。左回りにワキ正から常座へと回り、正向いて開き。「おもほえずこそなりにけれ」と右回りに向き直って中入となりました。
送リ笛に送られて、シテが幕に入るとアイが舞台に進み出ますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2404-25c68083

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad