FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雲林院さらにつづき

段熨斗目に長上下のアイは常座に出ると、紫野辺りに住まいする者と名乗り、当年は例年になく雲林院の花が見事なので見物しようと思う旨を述べて目付に出、ワキを見咎めて問答となります。
尋ねたいことがあるというワキの話に、アイは正中に出て着座。そこに咲く桜の謂われや二条の后について語って欲しいとの求めに応じ、業平と二条の后のことを語ります。
業平は歌舞の菩薩の顕現と讃え、なおも奇特を見るようにとワキに勧めてアイが下がります。

ワキ、ワキツレの待謡。木陰の月に、袖を片敷き臥すと謡って一声。
後シテが白地の狩衣に紫の指貫、巻嬰の初冠に老懸、中将の面をかけ常座まで進み出ます。
一セイ「月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身一つは もとの身にして」と謡うと、ワキがいかなる人かと声をかけます。
シテはワキを見て、昔男の古を語るためにやって来たのだと言い、伊勢物語の品々を語るように求めるワキとのやり取りからクリ、サシ、クセと謡が進みます。「共にあくがれ立ち出る」とワキに向かって二足ほどツメたシテは、クセの謡い出し「二月や」で正面に向き直ります。

雲林院のクセの仕舞は、様々な会で、素人の発表会でもよく見かけます。割合短く、初心者でも取り組みやすいのかもしれませんが、あらためて能としてみてみると、たいへんに趣き深いところです。

サシ込み開キから角に出、角トリして舞台を回り大小前、サシ込開キから「藤袴しをるゝ裾を」と左の足を見、打込、扇広げ「信濃路や」と上扇。大左右から正先へ打込むと「狩衣の袂を冠の巾子にうちかづき」の謡に、左の袖を被いて扇を面の前に出し、翁のような形で舞台を回ります。
常座で袖を直し開くと「降るは春雨か」と扇を上げ「落つるは涙かと」と上げた扇で面を隠すようにカザシて左に回り、大小前。小さく回ってサシて角へ。左の袖を返し「たどりたどりも迷ひ行く」と左右、ワキに向きます。
袖を直して正面に向き直り「思ひ出でたり夜遊の曲」と謡って扇を閉じつつ常座へ。地謡を聞きつつ後見が装束を直し、正面に向き直って序ノ舞です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2405-5c755d0f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad