FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁付淡路 武田文志(第四十三回花影会)

観世流 観世能楽堂 2018.04.15
  面箱  山本泰太郎
  三番三 山本凛太郎
  千歳  武田章志
 シテ 武田文志
  ツレ 佐川勝貴
  ワキ 野口能弘
  ワキツレ 則久英志 野口琢弘
  アイ 山本則重
   大鼓 大倉慶之助、小鼓 大倉源次郎
             飯富孔明 田邊恭資
   太鼓 小寺真佐人、笛 藤田貴覚

昨年11月の第四十二回花影会の関寺小町がたいへん印象的だったこともあり、第四十三回も観に行ってみようと思い立って出かけた会です。番組の書き方は変則的ですが、翁付ということで先に翁のみに出演される方を記載してみました。

当日のパンフレットにもあるのですが、昨今、翁付での上演が少ないことに鑑み、花影会は今回の春の会から、春は翁付での上演を試みることにされたとのことです。
この日は翁付淡路から、さらに囃子方が舞台に残ったままで脇狂言「目近」が上演されましたので、13時の開演から二時間半ほどの舞台となりました。

翁については特に所作など記載しませんが、なんと言っても山本凛太郎さんの三番三、初めて観まして実に感慨深いものがありました。
第47回式能で、亡くなった十六世喜多六平太さんの翁に、千歳の披キで山本凛太郎さんが舞い、大変に感動してから早10年を超える月日が経ちました。凛太郎さんは七年ほど前に三番三の披キを済ませていますから、もうすっかり板に付いた芸ではあるのですが、私個人としては、10年以上前の千歳からこの日の三番三へ、大きく飛躍されたように感じられて、たいへん感慨深い一番でした。

翁を勤める武田文志さんは、本来の翁付の形なので続く淡路のシテも勤めます。能楽師としては負担も大きいと思うのですが、能楽堂全体を寿ぐ堂々とした翁でした。蜀江錦がやや青みがかって印象的でした。

このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2408-73b33e43

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad