FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島 弓流 素働 奈須与市語  味方玄(第三十六回テアトル・ノウ)

観世流 宝生能楽堂 2018.05.12
 シテ 味方玄
  ツレ 武田祥照
  ワキ 宝生欣哉
  ワキツレ 野口能弘 御厨誠吾
  アイ 野村萬斎
   大鼓 亀井広忠、小鼓 成田達志
   笛 杉信太朗

味方玄さんの能は、以前、横浜能楽堂の企画公演で重衡を観て以来です。その重衡の印象がたいへん良かったので、いずれまた味方さんの能を拝見したいものと思いつつ、なかなか機会がありませんでした。今回はアイに萬斎さんを迎えての屋島の弓流で楽しみに出かけたところです。

屋島の鑑賞記はこれまで四度、うち二度は弓流の小書付でしたので、曲の解説などは省略します。(宝生流水上優さん観世流松木千俊さん観世流浅見慈一さん観世流川口晃平さん

舞台はワキの出、次第の囃子で角帽子着流しの僧三人が出て、塩屋に宿を借りようと言って一同がワキ座に着座。シテ、ツレの出となります。
先に出たツレは段熨斗目、腰蓑を着け緑の水衣を肩上げ、右肩に釣竿を担っています。後から出たシテは無地熨斗目着流しに腰蓑、茶の水衣肩上げに、やはり竿を担っての出です。
型通り、一声の囃子で出て橋掛りで向き合って謡い出し、シテ「海士の呼び聲。二人「里近し。まで謡って舞台に進み、ツレ正中、シテ常座に立ってシテのサシから下歌、上歌と謡います。シテ、ツレは釣竿を後見に渡して立ち、シテの詞「まづまづ塩屋に帰り休まうずるにて候」を聞いてワキが声をかけます。

ここから、宿を貸す、貸さないのやり取りとなり、さらに屋島の合戦の語りとなります。シテは背から扇を出して、下居の構えで語り出し、錣引の仕方話。前場の見せ所ですが、武将達の戦いがその場に見えるようです。立ち上がって馬を汀に寄せる形から正中に戻って下居、肩上げを下ろしてロンギです。
「我が名や 名のらん」あたりでワキを向くと、立ち上がって常座へ。「夢ばし覚まし給ふなよ」と念を押すように、扇を上げてワキを指し、直して中入となりました。森田流ではありますが、ここは送リ笛に送られてシテは幕に入り、アイ萬斎さんが常座にて名乗ります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2412-a57123ae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad