FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島さらにつづき

シテの詞を受けて地謡が「引く汐にて 遥かに遠く流れ行くを」と謡い、シテは謡に合わせて、一ノ松に寄り、流れゆく弓を見る態で舞台を見やります。
「敵に弓を取られじと 駒を波間に泳がせて」と謡いつつ、シテは馬に乗る型から、橋掛りを進んで舞台へ戻り、地謡が「既に危く見え給ひしに」と謡いきると今度は素働。

目付まで出て一度小さく回り、あらためて目付から左へ回って正中へ。さらに常座にと進んで右手を上げ、扇に寄って取り上げようとしますが、取り損なった態をみせ、流レ足で常座へと下がり、「されども熊手を切り拂い」と謡いつつ、太刀を抜いて扇を取り上げます。
「弓を取り返し」と後ろを向き、地謡「その時兼房申すやう」で正中に出て、大小前で床几に腰を下ろします。
ここからクセは居グセですので、床几に腰を下ろしたままで、「さればこの弓を」と扇を上げて見込んだり、「敵に渡さじとて」と扇を右に取り直したりなど、扇を弓に見立てての仕方を見せて「身を捨ててこそ後記にも」で立ち上がって常座へ。「佳名を留むべき弓筆の跡なるべけれ」と常座でワキに向かってサシて開キ。

ここから拍不合で「また修羅道の鬨の声」と謡いながら、シテはサシ込み開キ、行きカカル形で地謡となり、「矢叫びの音震動せり」を聞きながら橋掛りへと進んで一ノ松に立ちます。

この後、常の形ではカケリが入りますが、弓流、素働と小書が二つ付いたときは、このカケリは省かれるのが普通のようで、一ノ松に立ったシテは「今日の修羅の敵は誰そ」と謡い出して「なに能登の守教経とや」で扇を広げ「あら物々しや手並は知りぬ」とユウケンし、サシて出て開キます。
地謡の「その船戦今ははや」に六つ拍子分で左に回り、二ノ松でサシて舞台に戻り「船よりは鬨の声」と常座で雲扇。さらに型通りに進んで「浮き沈むとせし程に」で再び橋掛りへと入り、一ノ松。「敵と見えしは」と左右に面を使い、「高松の浦風」の謡に橋掛りを進んで幕へ。ワキが立ち上がって「朝嵐とぞなりにける」とワキの残留で終曲。

正直のところ、奈須与市語で見所が水を打ったようになってしまい、後場はどうなるのかとも思ったのですが、見事に見所を惹きつけて、本当に能は面白いと堪能させていただきました。
(114分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2414-109cd1bd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad