FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融のつづき

シテの語りを地謡が受け「げにやながむれば」と謡い出し、シテはゆっくりと左の手を上げ、右手に重ねて「老の波も帰るやらん」とやや面を伏せると、安座に直して「あら昔恋しや」とモロシオリの態になります。
さらに地謡が上歌「恋しや恋しやと」と謡い続けると、モロシオリの手を下ろしてゆっくりと立ち上がり、右から廻って幕方を向き、あらためて「なくばかりなり」と再びモロシオリになります。

ここでワキがたちあがり「只今の物語に落涙仕りて候」と言った後、転じて名所を尋ねて名所教えとなっていきます。
目付柱の先の方を見る感じで音羽山を教え、やや脇正面寄りに中山清閑寺。ワキ正の遠方に稲荷山、さらに幕の方に向いて深草山から、竹田、淀、鳥羽とみやる形です。
さらにロンギとなり、笛柱の方に大原、小塩を見て、地謡裏の方角に嵐山を見て名所教えを終えると「空澄み上る月影に」の謡にスッと右手を出して開キ。「身をばげに 忘れたり」の謡に、はっと気付いた態で両手を打合せ、田子を取り上げると両肩に担って立ち上がり、正中から正先へと出て両方の桶を下ろして汐を汲んだ形で立ち上がると、右の肩に担います。

しかし「汐曇りにかきまぎれて」の謡に、田子を落として一ノ松までススッと進み、ここからあらためてゆっくりと歩んで中入となりました。
アイが進み出ての間語り。型通りにワキとの問答から、融の大臣の話を語って下がります。

ワキの待謡から出端でシテの出。
後シテは白系の狩衣に、指貫は浅黄色のようで、指貫としては珍しい色です。巻嬰の初冠で黒垂は着けず、一ノ松に進み出て「忘れて年を経しものを」と謡い出します。
サラサラと謡って地謡の「さすや桂の枝々に」で舞台に入り常座へ。さらに「ここにも名に立つ白河の」で袖の露取って橋掛りに進み、幕前まで進むと、笛のアシライ、大小の流し打ちで大小前まで戻っての舞。
笏を持ち急ノ舞を舞うのですが、急々ノ舞の位とでもいうのか本当に早い。以前、山中一馬さんの笏ノ舞を観ましたが、こんなに早かったかなあという印象です。

大小前で舞上げた後はロンギの地で常座に進み、笏を扇に持ち替えての謡い舞。「月も早」と地謡座の方に向いて雲扇した後「この光陰に誘はれて」で両袖を巻き上げて橋掛りへと進み、「あら名残惜しの面影や」で左の袖を被いて、そのまま幕に入り、ワキが常座まで送っての留となりました。
常の融とは随分と異なり、融は古くは鬼の能であったという話も納得できるような、そんな一番でした。
(78分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2420-8a68dca8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad