FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

柏崎さらにつづき

ワキから文を受け取ったシテは、両手で文を広げて読む形。少しずつ読み進める形で謡います。
思いを込めて読み上げ「書いたる文の怨めしや」と文を下ろすと、地謡に。下歌を聞きつつ、もう一度文を上げて見、ゆっくりと下ろして文を畳むと、上歌でワキと向き合い「母に姿を見みえんと」で立ち上がり、大小前で一度腰を下ろして文を床に打ちつける型。片シオリから文を懐中にし、シテ・ワキともに立ち上がると、ワキは地謡前に下がって腰を下ろし、シテは常座にて正を向いて合掌。直して二、三足下がると片シオリ。
橋掛りを向いて、もう一度シオルと手を下ろし、アシライで中入。ワキもシテを追って立ち上がり、つづいて幕に入ります。

二人が中入りすると「お幕」の声が聞こえ、子方を先に立たせて、ワキツレが登場してきます。子方は青色の角帽子を被り、水衣の出家姿。ワキツレは角帽子に無地熨斗目着流し、水衣の姿で舞台に進み、子方が正中、ワキツレが常座に立ってワキツレの名乗りとなります。

ワキツレは信濃國善光寺如来堂の聖と名乗り「これに渡り候幼き人は」と子方を見て、何方とも知れずやって来たが、自分を頼るとのことで師弟の契約をし、如来に日参していると言い、今日も向かう旨を述べると、「まずかうかう御座候へ」と言って子方を誘い、ワキ座に着座します。

一声の囃子、無紅縫箔を腰巻に、水衣を着けて笹を肩に担った後シテが登場してきます。一ノ松で立ち止まり「これなる童どもハ何を笑ふぞ」と謡い出し、「うたてやな心あらん人ハ」と笹を下ろして続け、「子の行方をも白糸の」と謡いつつ向きを変えると舞台へ。
常座に出ると、地謡の「乱れ心や狂ふらん」に足拍子二つ踏んで少し出、下がってカケリ。
角に出て佇み、左に回ってワキ座前から大小前、拍子二つ踏んで正中へ打込。笹を肩にすると角で小さく回って常座に。小回りして笹を差し出しヒラキでカケリを終えてサシ。「げにや人の身の徒なりけりと」と謡い出します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2431-a6d371b7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad