FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

柏崎さらにさらにつづき

シテの謡から地謡に、下歌を聞き、上歌「越後の国府に着きしかば」でヒラキ。「人目も分かぬ我が姿」とゆっくり右の方を向き、謡に合わせて舞台を舞う形になります。
笹を使って舞い、「西に向かへば善光寺」と幕方を見、直して大小前で正を向くと拍子を踏み、「死して別れし夫を導きおはしませ」の謡に正先へ出て笹を置いて下居、合掌します。

ワキツレが立ち上がって声をかけ、ここは内陣、女人の身には叶わない場所なので出て行くようにと言います。シテは笹を持って立ち、シテ柱向いて進みつつ「極重悪人無他方便。唯稱彌陀得生極樂とこそ見えたれ」と謡います。
もともと源信の往生要集みえる文らしく、観無量寿経にそのような意味の事が記されていると書かれている部分の様子ですが、この言葉にワキツレは「不思議の物狂」と驚き、誰が教えたのかと質します。

シテは「教へは元より彌陀如來の」と謡い出し、笹を返して合掌しつつ「聲こそしるべ南無阿彌陀佛」と納めます。地謡となり、「彌陀は導く一筋に」でシテは角に出ると左に回り、大小前からサシ込み開キ。「光明遍照十方の」とサシて右へ回り、大小前から正中に出て下居。「夜念佛申せ人々よ」で笹を一度立て「夜念佛いざや申さん」と笹を右前に放り投げます。

後見が長絹を持って出てシテに渡し、シテはワキを向くと「如来へ参らせ物の候」と言って、烏帽子直垂は夫の形見だが如来に参らせ夫の後生善所を祈りたいと、手に持つ長絹を示します。ここで物着。物着アシライで長絹を羽織り、烏帽子を着けると座したまま「あらいとほしやこの烏帽子直垂・・・」と謡い出します。
この形だと、この後、なにがしかの舞がありそうで、シテの謡も「扇おつ取り 鳴るハ瀧の水」と謡いつつ立ち上がり、いかにも舞に入っていきそうです。
しかしこのあとクリで後ろを向いて歩み出したシテは常座で正向き、「九品蓮臺の 花散りて」と謡いつつヒラキ、ノリ地で扇広げてサシて、その場で回ると大小前で左右、扇を閉じて立ち、サシ謡になり、舞はありません。
古くは舞があったとの話もありますが、ともかくもこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2432-2e158c85

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad