FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

放下僧またつづき

ワキの命でアイが二人を招じ入れ、シテは大小前、ツレはワキ正に立ちます。
ワキは扇を広げ顔を隠してワキ座に立ち、二人に向き合います。

ワキはシテの姿を異形の出立と言い、拄杖に団扇を添えて持っているが団扇の一句を聞きたいと所望します。
拄杖は禅僧が行脚の際に用いる杖、あるいは上堂して法を説く際などに用いる法具で、遊山用と儀式用では長さなどに違いがあるようです。
しかしいずれにしても「杖」で、これに白垂や団扇を添えるという形は、およそこの放下僧の装束くらいしか見ることがありません。不思議な形なのですが、それをワキが問うたわけです。

これにシテがもっともらしい答えを返すと、今度はワキがツレの持つ弓矢について問います。ツレは弓矢の謂われを語り、地謡の「我等もこれを持ちて」の謡に常座で弓に矢をつがえワキに向けて構えますが、シテが間に入り、アイもワキを守るように出て、地謡の終わりでツレは弓矢を置いてワキ正に出ます。緊張感ある場面ですが、ここではまだ何も起こらず、ワキは放下僧の祖師禅法は何かと問います。

いわゆる禅問答で、わかりにくい言葉の応酬が続きますが、シテ、ワキのやり取りが続き、ワキ「生死に住せば。シテ「輪廻の苦。ワキ「生死を離れば。シテ「断見の科。ワキ「さて向上の一路は如何に。の後、ツレが「切って三断と為す。といきなりワキ正で太刀の柄に手をかけ、斬りかかろうとする形になります。
シテがすかさず「暫く」と遮り、身構えたワキ、アイも落ち着きを取り戻して地謡に。

地謡が終わるとアイとワキの問答になり、ワキはアイに二人が面白いので瀬戸の三島まで連れて行くからその様に伝えよと言います。これを受けてアイは二人に、同道するようにと言い、さらに鞨鼓を打ってみせよと求めます。
ツレの弓矢の下りから、二度にわたって緊張する場面を見せながら、面白いから神社まで連れて行くというのも、どういうことなのか些か理解に苦しむところです。が、ここはそういうことと納得しないと先に進めないので・・・
ともかくも、物着となり、ツレは背に差した笹を取って笛座前に着座。シテは後見座で後ろを向いて鞨鼓を付けます。
様々な芸尽くしの本曲、その中でも見せ場の一つ鞨鼓となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2442-e9ada1ac

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad