FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

放下僧をめぐって

舞台の様子は昨日までに記載した通りですが、さてこの放下僧、敵討ちの活劇としても面白く、またシテの芸尽くしが楽しいこともあって、割合良く上演されます。
私自身も「面白い曲」というほどの感じでとらえていましたが、小歌の部分はノリも良く京の名所が様々に読み込まれていることもあって、清水寺見物の際に口ずさんだりしていました。

ですが、今回の中所さんのお知らせから、あらためて委しく見てみると、どうも変なところが沢山ある一曲です。作者は不明ですが、宮増の作というのがもっとも有力な説のようです。宮増は小袖曾我や鞍馬天狗など、数多くの能の作者とされていますが、どういう人物だったのかよく分かりません。室町時代に活躍した能役者ともされるのですが、宮増を名乗る役者は何人もいて、能作者の宮増が誰であるのか決定的なものはありません。
さらには西野春雄さんのように、宮増は宮増グループに属する何世代かの作者達の総称ではないかと唱える学者も出てきて、いよいよもって実態がわかりません。

せいぜいがところ室町時代の作であろうと想像されるところですが、それにしても、舞台の様子を書きながら触れたように、なんだかしっくりしない、不思議なところが少なくない曲でした。
クセの部分も、あらためて読み直してみると、何がテーマなのかよく分かりませんし、冒頭部分の孝行譚も、なんだか無理やり作り込んだような感じです。さらに中所さんの仰るように小歌に隠された意味があるとなると、この曲、なかなか奥の深そうな感じがします。

中所さんは、この敵討ちの能と嘉吉の変をめぐる音阿弥の役割を重ね、演じられたようです。中所さんが数年前に電子書籍として上梓された「能の裏を読んでみた 隠れていた天才」(Amazonから購入できます)に、音阿弥と嘉吉の変との関わりの考察が記されていますが、なかなかに興味深い見解です。

なお、この日の舞台は敵討ちに向かう緊張感と間狂言の笑い、様々な芸尽くし、と盛り沢山で、充実した一番でした。シテはもちろんですが、本曲のツレはなかなかに重い役どころ。中森健之介さんの熱演が印象的でした。
この項、終わり
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2445-9ccc121e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad