FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

千鳥 山本東次郎(能楽BASARA)

大蔵流 国立能楽堂 2018.09.24
 シテ 山本東次郎
  酒屋 山本則孝
  主人 若松隆

だいぶん間が開いてしまったのですが、この間、初めて四国松山に行ったり、仙台に行ったりなど、一応出張なのですが割と慌ただしく日々を過ごしておりました。

さて先々月になってしまいましたが、9月は久しぶりに様々な能の会を観た月で、緑泉会の後、九皐会の駒瀬直也さんがプロデュースする会「能楽BASARA」を観に行きました。
この会では冒頭に林望先生の解説があり、続いて山本東次郎さんのシテで千鳥。最後に、観世喜正さんのシテ、駒瀬直也さんのツレで輪蔵という番組でした。

駒瀬さんがプロデュースする会で、ご自分はツレというのも不思議な感じがしたのですが、実際に観てみると「なるほど」と思う一曲でした・・・が、輪蔵の話は後にということで、まずは東次郎さんの千鳥について。

千鳥は、このブログでは10年ほど前に大蔵流茂山逸平さんがシテをされた時と、6年ほど前に和泉流野村萬斎さんがシテをされた時の鑑賞記を載せています。
茂山逸平さんの千鳥(鑑賞記初日月リンク
野村萬斎さんの千鳥(鑑賞記初日月リンク
鑑賞記を確認しながら今回の上演を観ましたが、同じ大蔵流でもあり、茂山逸平さんの時と舞台の進行で特に異なるところはありませんでした。

東次郎さん、お歳を感じさせない元気で明るい、そしてなかなかに賢しい太郎冠者で、たいへん楽しく舞台を拝見しました。則孝さんの酒屋は、すっかり太郎冠者に翻弄されてしまった感じです。
筋立て、舞台上の展開は、以前に茂山逸平さんの太郎冠者で観た時と同じですが、そこはそれ持ち味の違いがあり、やはり全体的には山本家の方がかっしりした印象で、茂山家の方はともかく楽しい狂言だったように思います。

ともかくも、同じとわかっていても面白いのが狂言です。
あらためて粗筋を記載しますが、長くなりそうなので明日につづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2447-3a4b0412

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad