FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

千鳥のつづき

千鳥の粗筋ですが、登場した主人が太郎冠者を呼び出し、今晩急に客が来ることになったので酒が必要だから酒屋に行ってこいと命じます。しかし「ないないの通いの面」が済んでいないので、それは無理だと冠者が断ります。
主人は、太郎冠者は酒屋と合口なのだから、ともかくも行ってこいと重ねて命じます。冠者は、酒を持ってきても飲ませてくれたこともないと文句を言いますが、主人は今回は初口を飲ませようと言い、納得して冠者が出かけると主人は下がります。

酒屋に太郎冠者がやって来て、酒屋と冠者のやり取りになります。
酒屋は先の支払が済んでいないので酒は渡せないと言いますが、今日の代わりだけは持ってきたという太郎冠者の言葉で、別の所に渡そうと一樽用意してあるものをやろうと言います。
早速に太郎冠者が持ち帰ろうとしますが、代わりを置いていくようにと酒屋が冠者を止めます。止められた太郎冠者、ただいま進じましょうと代金を探しますが、もともと何も持ってはいませんから探す形だけ。しばらく探した後に、主人から預かった際に忙しさに紛れ棚の端へ置いてきたので、取って来ると言い、酒樽を持って帰ろうとします。

酒屋は代金を取りに帰るなら酒樽を置いていけと言い、またまた二人の言い合いになります。酒屋は、代わりのある時はよその酒屋に行き、無い時だけ自分の所に来るではないかと言い、その証拠に、酒をきらしてはいられない筈なのに、しばらく来なかったではないかと問い詰めます。
太郎冠者は機転を利かせ、この間は主人ともどもに尾張の津島祭を見物に行っていたので留守だった、留守の間に酒を飲むはずが無いだろうと切り返します。

酒屋はどうやら珍しい話を聞くのが大好きらしく、この津島祭の話も聞きたくてたまりません。太郎冠者に祭の話を所望し、酒樽はさておき、冠者が祭の話をすることになります。
太郎冠者は話の間になんとか酒樽を持ち帰ろうとしますが、酒屋が都度、酒樽を元に戻すように言い、何度かそのやり取りを見せることになります。
最初が、旅の途中、伊勢の浜辺で子供が千鳥をふせるのを見たのが面白かったと言い、仕方で話そうと言います。酒屋に相手をさせ、酒樽を千鳥に見立てて、酒屋が「浜千鳥の友呼ぶ声は」と謡い、太郎冠者は「チリチリヤ チリチリ」と謡い舞います。酒屋の目を盗み冠者は酒樽を持ち去ろうとしますが、酒屋が気付いて酒樽を戻されてしまいます。
千鳥の曲名は、このやり取りからついたものでしょうけれども、祭の話はさらに続きます。

次は祭に山鉾を引くところ。これまた酒樽を山鉾に見立て、太郎冠者は山鉾を引くと言いつつ酒樽を持ち去ろうとしますが、またまた酒屋に戻されてしまいます。

違う話をと所望する酒屋に、太郎冠者は忙しいので代わりを取りに帰ると言います。話を聞きたい酒屋は太郎冠者を引き留め、もう一つ話をしてくれてうまくできたら、代わりなしに酒樽を持たせないものでもない、と言い出します。
そこで今度は流鏑馬の話をすることになり、太郎冠者は杖竹を馬に見立ててまたがり、酒屋は「馬場のけ、馬場のけ」と馬場先の人を払う役になり、冠者が「お馬が参る、お馬が参る」と走り回ります。
二人で舞台を廻り歩くうちに、太郎冠者が隙を見て酒樽を取って逃げ、酒屋が追い込んで留となります。

ところで、天正狂言本に浜千鳥という曲が収録されていますが、これが本曲のもともとの形のようです。天正狂言本は法政大学能楽研究所の能楽資料デジタルアーカイブで、研究所所蔵の天正六年の奥書があるものを見ることができますが、これにはくずし字で「者満千鳥」と書かれています。
この本では、冠者がおじのところに酒を取りに行かされる形で、須磨明石の浦の浜千鳥が友呼ぶのが面白いと、浜千鳥の友呼ぶ声はちりちりやちりちりと囃し、隙をみて酒を持ち逃げして留とあります。
津島祭の話は後に付け加えられてきたようで、狂言も現在のような形になるには相応の年月と、演者の工夫があったことがうかがえます。
(26分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2448-beaaf612

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad