FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

輪蔵またつづき

シテが楽を舞い始めると、ワキは経巻を巻直し捧げて経巻の山に戻します。
それにつけても楽が舞われる際は、舞台上に何がしか作り物が出されていることが多いように思います。天鼓などの太鼓もそうですし、唐船や邯鄲なども一畳台や船が出されたところで舞う形です。輪蔵では大宮の載った一畳台に加え、輪蔵の作り物も出されていますので、さらに舞台が狭くなります。考えてみると不思議な感じがします。

さてシテが楽を舞上げると大ノリの地謡となり、シテは左右、小へ打込んで開キ。さらにサシ込み開キからサシて回り「天部の姿は隠れもなく 天降るこそ ありがたけれ」の謡に常座で雲扇して火天を迎える形から笛座前、童子二人が座した前に着座します。

早笛が奏されて、後ツレ火天が天神の面に黒垂、輪冠に火焔戴、法被半切の姿で登場し、一ノ松で謡い出します。「火天の姿を 現すなり」と謡って開キ。地謡が大ノリの謡で続け、ツレはサシて舞台に入ると「上人に向ひ」で正中に下居、シテ・ワキが立ち上がります。

ワキ、シテ、童子の順に輪蔵に向かうと「上人を誘ひ 輪蔵に御手をかけまくも」の謡に、ツレが輪蔵を回し、その輪蔵の周りをワキ、シテ、童子がまわって元の座にと戻ります。
ツレは常座に立ち「曇らぬ御法の あらたさよ」と地謡が謡い収めると舞働。舞台を一回りし、さらに目付柱から常座へ小回リして開キ「これはこれ妙経の守護神なれば」と謡って地謡に。
常座で「上人悉く披見のその後各々御箱をとりどりに」の謡に、ツレは下居、童子二人が進み出てて経巻を手に取り一畳台に戻します。「天部は雲居に上らせ給へば」でツレはワキに別れを告げる形から退場。
シテは左の袖を巻き上げ「七宝荘厳の瑠璃の座の上に 傳大士二人の童子を伴ひ」の謡に、童子二人を前後にして橋掛りへと進み、二ノ松あたりでユウケン。袖を返して「帰り給ふぞ ありがたき」と留拍子を踏んで終曲となりました。
(76分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

鑑賞記は以上のとおりですが、輪蔵自体をめぐって明日、少しばかり書いておこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2453-75fb84e7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad