FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

芦刈またまたつづき

笠ノ段、シテは謡って二足ほどツメ、地謡で正を向くと角に出て角トリ。左へ回って地ノ頭から大小前へと回り、シカケヒラキますが「古歌をも引く網の」でワキの袖取って引く形。正先に出てからタラタラと下がり「あれ御覧ぜよや人々」と常座でワキを見て向き合う形になります。

「面白や心あらん」と謡いつつヒラキ、地謡で大小前へと進みしかけヒラキ、六つ拍子踏んでヒラくと「おぼろ船こがれ来る」と幕方を見ます。
さらに大小前に下がって小左右、扇広げて「雨に着る」と謡いつつ上羽から大左右。正先へ打込むと「露も真菅の笠はなどか無からん」で後見座に行き笠を受け取ります。ここからは笠を持っての舞。観世流では笠に持ち替えることはなくそのまま扇で舞いますが、後記のように笠を持つのが古い形のようです。

地謡と掛け合いで謡いつつ、正中へと出て「鵲も有明の」で打上ヒラキ(観世流でいう雲扇)の形。「月の笠に袖さすは」と左右を見つつ正先へ出、さらに角から大きく回って大小前へ。「それは少女」と回リ反シ(観世の小回リ)、「これはまた」と謡いつつ笠を両手で差し上げます。「難波女の」の地謡に数拍子踏んで角へと行き「袖笠ひぢ笠の」で回リ反シして腰を下ろし、「雨の芦辺の」で立ち上がると地ノ頭から常座へと大きく回り「あなたへざらり」と正中へ。「こなたへざらり」と常座へ。「ざらりざらり」と回った後に「風のあげたる古簾」の詞章に笠を投げます。
とがった方を下にして投げた笠はくるくると回りつつ角に落ち、そのまま回り続けて舞台から白州へと落ちて行きました。シテは「つれづれもなき心面白や」の謡に大小前に下がって舞い納めます。

この笠を投げる型ですが、もともとは投げる方が一般的だったようで、「投げないこともある」と書かれた本を読んだことがあります。しかし先に記したように観世流では笠を持ちませんから、投げる型はありません。他流はどうなのか観てみたいものですが、これはいずれ機会をみて。
この点について右京さんの「能楽藝話」に「私が六つか七つの頃です。父が舞台で芦刈の稽古をしていました。風のあげたる古すだれと笠を投げる型がありますね。あれは古簾が風にまき上がるのをうつす心です。普通は笠を捨てるだけですが、父はそれを高く上げてクルクルと廻して、消えて無くなる心で稽古していました。上からクルクルと廻って落ちてきて、スーツと消えてなくなる風に見えました。ですからシテ自身が、つれづれもなきと舞台を廻る間、笠は宙で廻っていました。今でもその鮮やかさは目に残っていますが、私には真似出来ません」という話があります。
ともかくもシテが笠ノ段を舞い終えたところで、このつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2459-464f9e6e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。