FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

芦刈なおなおつづき

二人が再会を果たすとワキが、都から烏帽子直垂を持ってきたので着用するようにと勧めて物着となります。
シテは正に直して立ち上がり後見座で物着。ここはアシライはありませんで、アイが立ち上がって常座に立ち、最前尋ねていた人は只今の人の様子だがこの由を申そうと言って大小前に着座し、ワキに探していた人と早速合うことが出来た様子、めでとう候と声をかけます。
ワキとアイの問答となりますが、ここは名所なので歌を詠んではどうかとのワキの問いに、アイは名所に住むにつけ古歌の一つも知らなくてはと思い習い覚えたとして「物の名も 所によりて 変わりけり 難波の鰺は 伊勢の蛤」と歌を披露します。ワキは「難波の芦は伊勢の浜荻」と聞いていると誤りを正し、左衛門殿が烏帽子直垂を着したならば、これへお出になるようにと言ってくれるよう、アイに告げます。
これを受けて、アイは大小前からシテに声をかけて狂言座に下がり、地謡が謡い出します。

シテは立ち上がって常座から大小前へと出て下居。シテ、地謡と交互に謡ってクセに。
クセは舞グセで一句聞いて「今は春べと咲くや この花」で立ち上がり足拍子一つ。左、右と出て謡を聞き、「浅香山の言の葉は」でワキ正を向いて二足ほど出ると、正に向き直ってシカケヒラキ。ゆっくりと角へ出て角トリすると左へ回って地ノ頭から大小前に進み、シカケヒラキ、打ち込んでヒラキ。「然れば目に見えぬ鬼神をもやはらげ」の謡に大小前からワキ正に出て、さらに打込ミヒラキ、扇広げて「津の国の 難波の春や夢なれや」と謡いつつ上羽ヒラキ。大左右から打ち込んでヒラキと曲舞の形をなぞって、クセの終わりは左右打込んで下居します。

この後ロンギとなります。ここは上掛の本には無い部分ですので一応詞章を記しておきます。明治期の古い金剛の本から起こしていますので、読み違いがあるかも知れません。当日の謡も少しだけ違っていたように感じましたが・・・
ロンギ 地「実にや妹背の仲立ちの。芦の葉草の末かけて頼むや契なるらん。
シテ「思はずも尋ねあふせぞ難波江の。藻に埋もるゝ玉柏あらはれぬべき住居かな。
地「住家もよしや逢ふまでと。心を砕く紫の。
シテ「霞の盃
地「とりどりに
シテ「さす盃や梅枝の匂ひも深き。袂かな。
となります。これに続いてワキがシテに一さし舞うようにと求め、地謡が「匂ひも深き袂かな」と繰り返してシテは答拝し男舞。男舞を三段に舞上げてキリとなり、拍子踏んでヒラキ、大左右から正先に打込んでヒラキ「月も残り」と抱え扇して常座へと回り、六つ拍子踏んでヒラキ、角から左へ回り正先から常座。正へヒラキ幕方向いて留拍子を踏み、終曲となりました。

熊谷さんの能は、十年以上前に花月を観て以来ですが、直面は初めて。味わいある謡で好感を持ちました。
前々から観たいと思っていた金剛の芦刈ですが、良い機会だったと思っています。
(83分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2461-af0d6da6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。