FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船辨慶 佐久間二郎(観世九皐会11月定例会)

観世流 矢来能楽堂 2006.11.12
 シテ 佐久間二郎、子方 奥川恒陽
 ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 大日方寛、芳賀俊嗣
 アイ 山本則秀
  大鼓 上條芳暉、小鼓 森貴史
  太鼓 助川治、笛 小野寺竜一


これはもう人気曲ですし文句なく面白い能といって良いと思います。
前シテが静御前、後シテは打って変わって平知盛の幽霊という、一人のシテが男女を演じ分ける面白さもあり、しかも前シテではイロエから中ノ舞を見せ(序ノ舞の場合もありますが)、後シテでは一変して早笛で走り出て舞働き、長刀を使っての豪壮な動きを見せます。


佐久間さんは九皐会の若手でも安定感のある方で、昨年は熊坂を拝見しましたがこれも大変印象が良いシテでした。
子方も重要な役所ですが、奥川恒陽くんは同じく九皐会の奥川恒治さんのお子さん。昨年は七騎落と邯鄲で拝見しましたが、堂々とした舞台です。将来が楽しみ。


さて舞台の方は、まず子方の義経とワキの弁慶、ワキツレの郎等が次第の囃子で登場します。頼朝と不和になったため西国におもむくこととして、津の国の「大物の浦」に着いたと謡います。


子方はワキ座に置かれた床几に腰を下ろし、さて物語がはじまりますが、このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/247-3f8bc079

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。