FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲 高橋忍(第1回士乃武能)

金春流 国立能楽堂 2018.12.01
 シテ 高橋忍
  子方に代わり 林美佐
  ワキ 殿田謙吉
  ワキツレ 工藤和哉 野口能弘 吉田祐一 大日方寛 御厨誠吾
  アイ 高野和憲
   大鼓 安福光雄、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 吉谷潔、笛 小野寺竜一

国立能楽堂の企画公演の翌日、同じ国立能楽堂で金春流の高橋忍さんが、初めての個人の会を催すことになっていまして、思い切ってこちらにも伺いました。

当日は金春憲和宗家と中村昌弘さんによる翁の素謡から始まり、前宗家金春安明さんや本田光洋さんをはじめとする仕舞六番。野村萬斎さんのシテで狂言蝸牛といった番組でした。
観世流では、翁を素謡として謡うときには神歌と言いますが、金春では翁の名で謡うようです。中村さんがご自身のブログに書いておられましたが、下掛では千歳を狂言方が勤めるので、千歳の謡は常日頃謡ったことがなく、珍しい機会だったとのこと。なるほど流儀による違いはこんなところにもあるのか、と思った次第です。

さて狂言を含めて他の演目については記載を省略して、邯鄲の舞台に話を進めます。
邯鄲はこれまで三度ほど鑑賞記を書いていまして、三度目は同じ金春流の本田布由樹さんの小書無しですので、今回と基本は一緒です。
観世流関根祥人さん月リンク
喜多流粟谷明生さん月リンク
金春流本田布由樹さん月リンク

舞台にはワキ座側に一畳台が出され、引き立て大宮が載せられます。
まずは狂言口開で、アイ高野和憲さんが宿の女主人の出立で登場し、枕の子細を述べて台上に枕を置き狂言座に下がると次第、シテの出になります。

紺地に金模様の半切、緑地に金模様の法被に掛絡をかけ、唐団扇を持っての登場です。橋掛りを進む歩みから、人生に悩む若者の迷いを示すような雰囲気を感じたところです。常座で次第を謡いサシ。名乗って道行を謡いつつ大小前まで進むと向きを変え、正面を向いて邯鄲に着いたと述べ、旅宿しようと言ってシテ柱あたりまで行き、狂言座に向かって案内を乞います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2476-d1227940

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。