FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲のつづき

一夜の宿を貸して欲しいとシテが言い、アイが招じて立ち位置を変えます。シテは舞台正中へと出、アイが後見から受け取って正中に据えた床几に腰を下ろします。アイは角に出て座し、シテと向き合っての問答です。

羊飛山に行って自身の一大事を尋ねようと思うと言うシテに、アイが邯鄲の枕を勧めます。シテがその枕はいずこにあるのかと問うと、アイが台上の枕を示しシテは一寝入りしようと思い立ちます。
アイが一眠りの間に粟のおだいをこしらえておこうと言ってシテの床几を外します。シテは一畳台に向かうと正面を向いて腰を下ろし、枕を見込んで夢の告を得ようと言って「ひと村雨の雨宿り」と謡って地謡に。シテは横になり唐団扇で面を覆う形になります。この地謡のうちにワキと輿舁が出、輿舁は一ノ松に控えて、ワキが一畳台の横まで進み、地謡の終わりに、一畳台を二つ扇で叩いてシテの目を覚まさせる形になります。

ところで先に進む前に、アイは栗のおだい・・・すなわち栗粥を拵えておこうと言いますが、その後、大蔵流では幕に向かって旅人がお泊まりになるので栗のおだいを拵えるようにと声をかけます。一方、和泉流では今回もそうでしたが、自ら拵えておこうと言ってそのまま下がります。ちょっとした違いですが気になるところです。

さてワキに声をかけられて、シテは目を覚ました形で起き上がりワキと向き合います。白大口に側次を着けたワキは、楚国の帝の位をシテ盧生に譲る勅使と言いシテと問答。
シテの謡「天にもあがる心ちして」でシテは立ち上がり、地謡が続けるなか、台を降りると輿舁が後ろから輿を差し掛けます。シテは正先に出て着座し輿舁二人は輿を鏡板に置いて切戸から退場、真ノ来序の囃子となります。

シテ、ワキは立ち上がりゆっくりと一畳台へと進みます。シテは台に上り後ろを向いて掛絡を外し、この間に子方、ワキツレの一行が出てワキ正側に一畳台のシテと向き合う形で着座します。
シテがワキ正に向き直ると地謡が「有難の気色やな」と謡い出します。ここをもって舞台は楚国の王宮ということになります。

さて昨日「子方に代わり」と林美佐さんの肩書きに書かせていただきましたが、本来は子方が勤めるところ、当日予定されていた中村昌弘さんのご子息千紘さんがインフルエンザを発症されたのだそうです。当日の朝、急遽、子方の装束でも着けられるということもあって同流シテ方の林美佐さんが代役と決まったとか。装束の制約というのもありましょうが、当日の朝に言われて舞台に立てるというのは、能らしいことでもあるものの、やはり林さんご自身が日頃、様々な修練を惜しまない姿勢であるからのことと思います。
この後、その林さんの子方の舞にもなってきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2477-21c19bc1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。