FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

七騎落さらにさらにつづき

ワキは舞台を見やり、あれに見えるのは御座船の様子、急いで船を漕ぐようにとアイに命じます。

シテは立ち上がって常座辺りに進み、ワキの乗った船に気付いた風で、戻って岡崎に向かい下居、兵船が一艘見えるので此方から声をかけてみようと思う旨を述べます。
岡崎が同意するとシテは立ち上がって、角で右手に扇を持って船を指し、誰が乗った船かと声をかけます。

シテ、ワキのやり取りになり、やって来たのは和田義盛の船と明らかになります。
和田は頼朝に内通しており、かねての約束通り頼朝の加勢にやって来たのですが、シテ実平は和田の本心を確かめるために、昨日の戦いで頼朝を見失ってしまい、この船には頼朝が乗っていないと騙ります。

ワキは、頼朝がいないと聞き、それではもはや命あっても仕方ないと「腰の刀に手を掛くる」と言いつつ、弓矢を捨て腰を下ろしつつ刀に手をかけます。
ここでシテが「ああ暫く」とワキを止め、頼朝はこの船に乗っていると明かします。陸に上がって御対面しようとシテが誘い、船が岸に着いた態でアイが声をかけ、シテは正中へ。アイはワキが背に負った矢を外し、ワキはワキ正に出て、陸上で頼朝に対面する形となります。
ワキは頼朝に会えて安心したと言い、シテに向かうと、なにゆえこの場に子息の遠平殿はいないのかと問いかけます。

シテは「さる謂れあって陸に残し置」いたと答えます。これに対してワキは、はやくに言いたいとも思いつつ、今まで言わずにいたが、土肥殿に引出物をお渡ししようと、船底から遠平を引き立たせて見せる…と言いつつ、後見座にクツロイでいた遠平を導き、目付柱近くに二人で立ちます。
地謡が「夢か現かこは如何にとて…」と謡い出し、シテは両手を広げて子方に寄り下居。「たとえば仙家に入りし身の」で立ち上がり、子方の背に回ると、もともと遠平が座っていた六番目の座に戻して座らせ、自らは正中で正面を向いて着座します
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2494-3d96ec64

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。