FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玄象のつづき

先に出たツレ姥は無紅厚板に緑の水衣、シテ老人は小格子厚板に腰蓑を着け、水衣。桶を右の肩に担って登場し、ツレ一ノ松、シテ三ノ松にて一セイ。ツレの二ノ句、同吟と続いて、アシライで舞台に入ります。
姥が正中、シテが常座に立ってシテのサシ謡。続いてツレ、シテ交互に謡い継いで須磨、明石、由良、住吉と見渡す景色の面白さを謡います。

地謡が下歌、上歌と汐汲みにまつわる様々を謡い、最後に「この須磨の浦の汐汲まん」とおさめるのにあわせ、シテは右肩にまとめて担っていた桶を下ろして、舞台をゆっくり動きつつ汐汲む様を見せます。

シテが塩屋に帰って休もうと言い、シテが正中、ツレがワキ正に下居すると、ワキが立ち上がって宿を乞います。
ワキは太政大臣師長公が入唐の望みあって当浦に下向されているので、一夜の宿を貸して欲しいと言い、シテは一度は断るものの宿を貸すことにしますが、続けてツレ、シテ謡い継いで、師長が雨の祈祷の際に神泉苑で琵琶の秘曲を弾いたところ、大雨が降り、雨の大臣と呼ばれるようになった次第を述べる形。なあんだ、よく知ってるんじゃないの…と言いたくなりますが、ともかくも地謡が受けて、須磨の浦の粗末な家ではあるけれど、眠れぬままに琵琶を遊ばされよ、我等も聴聞しようと二人の心を謡います。

ワキが師長に声をかけ、師長のサシ。師長は謡いつつ扇を広げると左手に持ち、琵琶弾く形となります。地謡が続けて謡いますが、にわかの雨に「管弦の障なるらん」と謡い、師長は扇を閉じて右手に持ち、琵琶を弾くのを止めた態でワキ正を向きます。

シテがなにゆえ琵琶を止められたのかと問い、ワキが村雨が降ってきたので止められたのだと答えると、シテは村雨を認めて、ツレに苫を取り出すようにと言います。二人は立って苫を取り出し板屋に葺きかけた形。
不思議な仕業ですが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2503-b061dc2a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。