FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玄象さらにさらにつづき

括り袴に水衣、黒垂に面をかけて登場したアイは、常座に進み出ると、海神の都、大龍王の眷属と名乗ります。
前場をダイジェストする形で、師長が雨の大臣と呼ばれるようになった謂われから、入唐を思い立って須磨にやってきたこと。村上天皇の霊が仮に老夫婦の姿で現われ師長に琵琶を所望し、その最中に村雨が降り、苫を葺いて黄鐘、盤渉の調子を合わせたこと。師長が常人の業ではないと驚き、老夫婦に琵琶琴を所望しその見事さに入唐を思いとどまったことなどをシャベリます。
さらに村上天皇が琵琶「獅子丸」にて秘曲を弾かれるので、龍神は確かに承れ。心あるものは天皇のお姿、師長公のお姿も拝むようにと触れて退場します。

出端が奏されて後シテの出。白の袷狩衣に赤の指貫。直纓の初冠を着けていますが、黒垂などはありません。常座に出たシテは村上天皇と名乗り、唐土から届けられた三面の琵琶のうち、獅子丸は龍宮に取られてしまったが、これを召し出して弾こうと謡いつつ正中に出て幕方を向きます。さらに「いかに下界の龍神確かに聞け 獅子丸持参つかまつれ」と謡ってシテ柱に行きカカリ、常座に立つと早笛。シテは笛座前で床几に腰を下ろします。

早笛に乗って龍神が琵琶を持って登場し師長に渡します。
龍神が舞台を廻って退場するとシテが立ち上がって常座へ。サシ込み開いて答拝し早舞。当日は舞出しが早舞にしては重いかなあと思っていたところ、五段の舞でなるほどと納得したところです。
早舞を舞上げるとノリ地でシテが舞い「須磨の帰洛ぞありがたき」と留拍子を踏んで終曲となりました。
久しぶりに観た玄象ですが、なかなかに面白い一曲と思ったところです。シテの駒瀬さんがもしかして体調が悪かったのはないか、といささか気になったのですが…
(94分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2505-99465154

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。