FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

内外詣 金剛龍謹(金剛定期能)

金剛流 金剛能楽堂 2019.01.27
 シテ 金剛龍謹
  ツレ 宇高竜成
  ワキ 福王知登
  ワキツレ 中村宣成 喜多雅人
   大鼓 谷口正壽、小鼓 久田舜一郎
   太鼓 前川光長、笛 森田保美

この内外詣(うちともうで)は金剛流だけの曲で、後場でツレが神楽を、シテが獅子を舞うという独特の構成になっています。特に「獅子」は他流では石橋と望月の二曲にしかありませんが、金剛流では三曲あることになります。以前、NHKで内外詣の演能が放映されたことがあり、テレビでは観たことがあったのですが、生の舞台を一度観てみたいとかねて思っておりまして、今回、思い立って京都まで出かけた次第です。

当日いただいた解説によれば、本曲はもともと「参宮」の謡に金剛流祖十代目の金剛又兵衛長頼が型付をしていたものの途中で病没し、長くそのままになっていたものを、明治9年に大阪生国魂神社で、文章を改正し囃子方の調整もして奉納演能し、曲目も「参宮」から「内外詣」に改めたとあります。
この金剛又兵衛長頼の作という点は、昭和4年に刊行された二十三世金剛右京による昭和改版本の「内外詣」に「此内外詣は十代目金剛又兵衛長頼の作なり然るに明治十五年謡本を版行するに當り祖父右近氏成改訂し之を加へたれども今回改版に際し長頼の遺稿に基き復旧候者也」との一文が添えられており、これを踏まえてのことかと思います。

実は、そこまででやめておけば良かったのですが、金剛又兵衛長頼というのはいつ頃の人なのだろうと疑問に思い調べてみると、平凡社の改訂新版世界大百科事典に西野春雄さんの解説があり、「13世(15世とも)又兵衛長頼(1662-1700)は足早又兵衛といわれるほど早業で名高く、《内外詣(うちともうで)》の作者でもある」と記載されていました。…「13世!?」、十代目という記載とどう考えれば良いのでしょうか?
参照できる資料はさまざまにあたってみたのですが、そもそも金剛宗家歴代が記載されているようなものがほとんど見当たらず、あってもWikipediaのように十四世から後しか記載されていない程度のもの。7世宗家とも8世ともされる金剛兵衛尉氏正・・・鼻金剛ともあだ名された金剛流中興の祖といわれる人ですが、この人の甥に金剛又兵衛という人がいて、後に宗家をついだという記事も見かけました。もしかしたら10世にあたるのかも知れませんが、名前は康季だそうですから内外詣の作者とは別人の様子です。
もっとも金剛家は坂戸孫太郎氏勝を流祖とし六世の金剛三郎正明から金剛を名乗ったという説も見かけましたので、この金剛三郎を初代として、途中一時宗家を継承していた北七太夫(喜多流の祖 喜多七太夫長能)を抜けば、又兵衛長頼が十代目にあたるのかもしれません。
結局のところ、当地で調べていてはこれ以上のことは分かりませんが、室町時代から江戸時代にかけて、金剛流は他流に押されてまったくふるわなかった様子で、宗家の系譜についても諸説あるのかもしれません。

というわけで金剛宗家をめぐって思わぬ寄り道をしてしまいましたが、本曲は近年になって形式が整えられたこともあるのか、後場の舞を中心にして前場は軽くし、獅子から破ノ舞への展開に物着のような形を取るなど、様々に工夫がみられます。明治9年の初演というと宗家は金剛唯一の時ですが、土蜘蛛の千筋の糸を考案したといわれる唯一でもあり、本曲も工夫を凝らしたのではないかと想像しています。

さて舞台には真ノ次第でワキ、ワキツレが登場してきます。いわゆる大臣ワキで当今に仕え奉る臣下と名乗りますが、この後は明日から書き綴ってみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2506-3339ea77

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。