FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

内外詣さらにさらにつづき

シテの獅子ですが、まずは乱序が奏されて半幕。ゆっくりと巻き上げられた幕から、望月と同装のシテの下半身が見えます。
ツレが笛座前に戻り、幕がゆっくりと下ろされて、囃子は露ノ手から乱序の後段へ。期待が高まるところ、乱序の終わりに勢いよく幕が上げられて、唐織を被いた形にしたシテが進み出て一ノ松あたりで欄干に足をかけ、一度被いた衣を下げて姿を見せます。再び唐織を被いて幕前まで回リながら戻り、そのまま勢いよく舞台正先まで出て大小前に下がり、唐織に袖を通して獅子を舞います。

望月と同装ですので白大口に唐織、獅子頭…短い赤頭を着け、金無地の扇二枚を獅子の口のように見せ、緋の布で覆面した形です。
獅子を舞上げた後、再び唐織を被いたシテは、地謡の「かくて明け行く山風に」を聞きつつ後見座に向かい物着。
後見がシテの唐織を背負う形で大きく広げてシテの姿を見所から隠します。この間にツレが立ち上がって大小前に進み、破ノ舞になります。

短い破ノ舞が舞上げとなり、地謡が「かくて明け行く山風に」の謡を繰り返すうちに、ツレは座に戻り、狩衣に翁烏帽子の姿に戻ったシテが立ち上がって謡い舞になります。
「星月神灯白み渡るや東の空に」の謡に打上ゲヒラキ、東の空が白み日の出を迎える形で、さらに「五色の雲も輝き出づる」で袖を巻き上げ直し、常座近くまで下がって両手突いて「日神の御姿顕れ給へば」と日の出を拝する形。サシて角へと向かい扇カザシて舞台をまわり、常座で小廻りして留拍子を踏み終曲となりました。

こういう構成の曲は他にないと思いますが、獅子を舞った神官が元の姿に戻って「栄行く春こそ久しけれ」と目出度くおさめるのは、新春に相応しい脇能としみじみ感じたところです。
龍謹さんの舞も見事でした。本曲はツレに負うところも多く宇高竜成さんともども、舞金剛の名に恥じない舞台、京都まで出かけたかいがあったと思う一番でした。
(71分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2509-08b59aea

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad