FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

知章のつづき

まずは次第でワキの登場。無地熨斗目に水衣、角帽子の着流し僧。角当さんの時はワキツレを伴っての出でしたが、今回は中所さんの時と同様にワキのみの演出です。
次第を謡い名乗り、さらに道行と謡って着きゼリフ。

知章とは誰だろうと謡いつつ向きを換えてワキ座に向き、謡い終えて歩み出します。するとシテの呼び掛け。シテは直面、段熨斗目に掛け素袍、ワキに何を言っているのかと問いかけます。シテワキの問答の形で進みますが、この部分の詞章のおさまりがしっくりしないのは以前書いた通り。上掛と下掛の詞章の違いなのでやむを得ないところです。

問答のうちにシテが舞台に入り、二人合掌して塔婆供養の偈文を読みます。この偈文、大日経・・・大毘盧遮那仏神変加持経にあるらしいのですが原典をあたっていません。曹洞宗などでは卒塔婆供養としてよく唱えられるようです。ひとたび卒塔婆を見れば、永く三悪道を離れ、それを造立する者は、必ず安楽国に生まれる、といったところでしょうか。
ともかくも祈りを捧げた二人は、知章の最期について言葉を交わします。

シテは知盛が名馬井上黒に乗って二十余丁の海面を泳がせ、御座船に辿り着いたことを語りますが。この井上黒、信州須坂は井上の産だそうで、後白河法皇に献上され、法皇が平家に与えたものとか。名馬の誉れ高く、戦場から生還し法皇のもとに戻されたそうです。
このシテの謡に続いて地謡となりますが「越鳥南枝に巣をかけ胡馬北風に嘶えしも」と続くところ、謡本には「越鳥」は「エツテウ」と謡うようにとわざわざ注記があり、実際にそう謡われます。「えっちょう」ではないのかと思うのですが、蟻通も同じく「エツテウ」と謡うことになっています。不思議ですが、何かしら謂われがあるのでしょう。他流はどうなのか疑問ですが、調べておりませんので・・・

続いてロンギとなり、シテは一門の者と明かして姿を消します。
前二回の鑑賞記では「後影も失せにけり」の謡の後、送り笛で中入となりましたが、今回は「芦邊をさして行く田鶴の」で常座に向かい「浮きぬ沈むと見えしままに」の謡を聞きつつそのまま橋掛りへと進み「後影も失せにけり」と幕に進んで中入となりました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2520-a181e402

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。