FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

知章のさらにつづき

中入ではアイが登場し、ワキとのやり取りから知章の最期を語ります。前回、中所さんの演能の際の鑑賞記に、善竹大二郎さんの間語りを略記しましたが、網谷さんは同じ大蔵流でもあり、ほぼ同様だったと思います。和泉流は少し違うように思いますが、角当さんの演能の鑑賞記では、和泉流竹山悠樹さんの間語りだったものの、ほとんど記録をとっていなかったため、残念ながら比較が出来ません。

アイが下がるとワキが謡い出し、待謡に。続く一声の囃子で後シテの出となります。
黒垂に梨子打烏帽子、朱の縫箔に浅黄の色大口、法被肩脱ぎの形で登場し常座にてサシ込み開キ、サシを謡い出します。
さらに一セイ、地謡の後「後の山風上野のあらし」と謡いつつ、三足ほど出て幕方を振り返り、正に直すと七つ拍子踏んで角へ。角トリして左に回り「浮み出でたるありがたさよ」と常座に戻り小廻りしてサシ込み開キ、合掌します。

シテ、ワキの謡から地謡となり、シテは開いて拍子を踏み「うつす絵島の島隠れ」とサシ込み開キ「行く船を 惜しとぞ思ふ我が父に」で七つ拍子踏んでヒラキ。正中に出て常座に回リ「西海の藻屑となりし浦の浪」とワキに向いてサシ込み開キ「重ねて弔いてたび給へ」と供養を求める形となります。

ワキがその時の有様を委しく語るようにと求め、地のクリでシテは大小前から正中に進んで床几に腰を下ろします。以前にも書いたとおり、シテサシ、続く地謡で知章と従者監物太郎の討死が謡われ、クセではその隙に御座船へと逃げ延びた知盛の様が謡われます。
上端までは床几に腰を下ろしたまま謡が進み、その後シテは立ち上がるとクセの後半を舞います。
さらにクセの後、ロンギの地謡「げに傷はしき物語 同じくは御最期を 懺悔に語り給へや」から、シテは知章の最期を仕方に舞う形になります。
この辺りが特に本曲の難しいところと思うのですが、さすがにベテランの井上さん、見事にそのあたりの気分をとらえ、観ている方はなんの違和感もなく知章の最期に、父知盛の思いに共感したところです。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2521-2b5672f9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。