FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

しびり 茂山千作(国立能楽堂特別公演)

大藏流 国立能楽堂 2019.03.21
 シテ 茂山千作
  アド 丸山やすし

痿痢や痿痺、あるいは痺とも書かれる本曲ですが、10分少々の短い曲でもあり、狂言方の初舞台としてもよく演じられます。
鑑賞記としては、もう12年ほど前に一度取り上げていますが、あのときシテ太郎冠者を演じた高澤龍之介さんは、子供ながら堂々たる舞台でしたが、その後は能楽界から離れてしまったのか、消息を見かけません。そう言えば観世紘顕、智顕、喜顕さんの三兄弟も素晴らしい子方でしたが、その後、みなさん能楽界を離れた様子です。

それはさておき、この小品を千作さんが演じるというのが、また面白いところ。
簡単に粗筋を書くと、今晩急に客が来ることになったため、主人は太郎冠者にそのもてなしのため和泉の堺で酒肴を整えてくるように、と命じます。
しかし来客の度に用事を申しつけられてはかなわないと思った太郎冠者は「いたしようがある」と、突然に痛がります。
主人が問うと、持病のしびりで歩けないと言う。主人は太郎冠者の額に塵をつけ、しびりの治るまじないだと言いますが、太郎冠者は自分のしびりは高じたしびりで、そんなことでは治らないと言います。太郎冠者は、親が子だくさんで兄弟たちには家や蔵を譲ったが、自分には持病のしびりを譲った、そういう謂われのあるしびりなのだと言い募ります。仮病と見破った主人は、使いが来た風で伯父御殿がご馳走するので太郎冠者を伴って来るようにと言うか、だが太郎冠者はしびりで行けないので次郎冠者を連れて行くと言え、と命じた風に声を出します。
太郎冠者は慌てて、しびりは言い聞かせれば治るのでお供に行くと言い出します。早速言い聞かせてみよと主人に言われ、太郎冠者はしびりに治るように言い聞かせます。
主人の言うままに立ち上がり、前に出たり下がったり、跳んでみたりしますが、治ったと言う太郎冠者に、主人は伯父御のことは偽り、歩けるならば和泉の堺に行ってこいと言います。
太郎冠者は和泉の堺へと言われると、またしびりが出てくると言って痛がりますが、最期は主人の叱り留。

ばかばかしいと言えばばかばかしいのですが、日頃面倒な事を言いつけられている使用人の精一杯の抵抗とみれば、案外奥深いものがありそうにも思います。
短時間ですが、茂山千五郎家らしい、はっきりした物言いで、かつまた千作さんの味のある舞台、楽しく拝見しました。
(12分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2522-e33e22d4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。