FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鬼の面

翁は儀式的なもので別格と考えて良いと思いますが、それ以外の一般の「能」で、どうしても面をつけなければならないと思われるのが、鬼神の類。
さすがにこれを素顔で演じる訳にはいきませんね。


そもそも能楽以前から鬼の面というのは存在していて、追儺(ツイナ)の面や、伎楽面、土俗の面などが能楽に取り入れられたと言われています。
詳しいことは分かりませんが、鬼をめぐる伝説や信仰には奥の深いものがあり、能楽自体にも様々な伝説が取り入れられていますね。


鬼の面は、細かく分ければかなり多くの種類がありますが、大きくは「べし見」や「飛出」、それに「天神」や「悪尉」、「顰(シカミ)」「獅子口」などといったものがあります。
一般的に「能」というと、ゆっくりしていて眠い物といったイメージ、三番目鬘物のイメージが強いと思うのですが、鬼神面はこうしたイメージとは、全然違った物ですね。


実物を見て頂くのが一番ですが、随分と派手にできています。
「べし見」の面は口を吽形に閉じた形の面で、大べし見や小べし見など何種かありますが、これに対して「飛出」の面は口を阿形に開け、目を飛び出さんばかりに大きく見開いた形。これにも大飛出や小飛出など種類があります。


しかしこれらのど派手な面も、きらびやかな衣装をまとった後シテがつけて出てくると、不思議と違和感がありません。
石橋などは、よく写真で紹介されていますが、面だけを取り出してみると、随分すごい形相です。
それが全体としてみると、うまくおさまってしまう。このあたりも、面をめぐる分からない話の一つかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/253-82a134fa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。