FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度のつづき

舞台にはまず出し置きで、ツレ俊成が白大口に茶系の水衣、掛絡をかけ沙門帽子の出家姿で、トモの従者を伴って登場してきます。
ツレはワキ座で床几に腰を下ろし、無地熨斗目に素袍上下のトモはツレの脇に控える形となります。

舞台が落ち着くとワキの出。
白大口に掛直垂、士烏帽子を着け、短冊を付けた矢を背に負っています。一ノ松まで出ると、武蔵の国の住人、岡部の六弥太忠澄と名乗り、この度の合戦で薩摩の守忠度を手にかけた際に、尻籠に短冊があったので俊成卿の御目にかけようと思う旨を述べ、舞台にと入ります。

ワキが常座から案内を乞うとトモが立ち上がって応対します。トモがツレに取り次ぎ、ワキは正中に座してツレに向き合い、トモは下がって控えます。
何の用事かとのツレ俊成の問いに、ワキは西海の合戦で忠度を手にかけた子細を語り、尻籠に短冊があったので御目にかけようと持ってきた旨を述べます。
ツレが「こなたへ賜り候へ」というと、ワキは立ち上がって背から外した矢をツレに渡し正中に戻ります。矢には短冊が付けられており、ツレは「行き暮れて木の下蔭を宿とせば 花や今宵の主ならまし」と短冊の歌を詠みあげます。

地謡が謡い継いで「いたはしや忠度は」と続けると、ツレは矢を落とし、ワキは地謡座に向かい、トモの奥側に着座します。
この地謡のうちに幕が上がり、シテ忠度が登場してきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2531-b1130f88

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。