FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度さらにさらにつづき

さてi一日、間が空いてしまいましたが、舞台の様子に戻りまして、謡い終えたシテは「いかに俊成卿」と声をかけてツレに向き「忠度こそこれまで参りたり」と告げます。ツレは忠度の姿が現れたことに驚き、シテ、ツレの問答になります。

ここでシテは、千載集に一首の歌を入れていただいたのはありがたいが、読み人知らずとされたのは残念だと言います。しかしツレは朝敵となった方の名を勅撰集に記すことはできないとの道理を述べ、さりながらこの歌を入れたことであなたの名は隠れもないだろう、と忠度を諭します。
シテは地謡が「さざなみや 志賀の都は・・・」と謡うに合わせて、ツレに二足ほどツメてから開キ。拍子二つ踏んでシカケ開キ。左の袖を返してツレを向き、直して角に進むと左へと舞台を回り、「津ノ国の なにはの事も忠度なり」で常座へと行き、開いて立ちます。

ワキが「忠度にてましまさば 和歌の道 御物語候へ」と声をかけると、シテは正中に出て床几に腰を下ろし「凡そ歌には六義あり」と謡い出します。なぜか観世の本にはこのワキの詞はありませんで、次の「凡そ歌には」のところはツレ俊成が謡うことになっています。宝生、金剛、喜多各流は、詞章に多少の違いはあっても、基本的にこの形なので、観世流のみ直したということかと思います。

シテ、地謡が交互に謡ってクセに。クセは舞グセで、一句聞いて「出雲の国に居まして」でシテは立ち上がり、謡に合わせて舞う形です。
「和歌の道を語る」ということで、クセの詞章は素戔嗚尊が出雲で詠んだ「八雲立つ」の歌が和歌の始めであり、人麻呂が亡くなって和歌の道は廃れてしまったと紀貫之も凡河内躬恒も書き記しているが、和歌は今に伝わり神も納受され、男女の仲を取り持つのも、歌の力であると、和歌の道を謡います。
クセの終わりで、シテは扇閉じつつ常座で後ろを向き、後見が装束を直すと正面に向き直りカケリとなりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2533-245f7246

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。