FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂物狂のつづき

昨日はブログの更新を飛ばしてしまいました。一日空きましたがつづきです。

一声の囃子でシテの出。箔を腰巻にし白の水衣肩上げ、右の肩に笹を担って狂女の態です。橋掛りを進んで一ノ松でサシの謡い出し。
今日は卯月の神事に参詣の人々が続くところに、自分も急ぎやって来たと謡い、舞台に入ると常座で一セイ。「今日かざす 葵や露の玉葛」と謡うと地謡が謡い継ぎ、シテは笹を下ろしてカケリに。

カケリでは、シテは角へ出ると左に回り、地謡前から大小前に進んで小廻り。拍子を踏んで正中に出、笹を再び肩へ。角に出ると正中、大小前と進んで小廻り、開いて「かざす袂の色までも」と謡いつつ正中に出ます。

地謡が「思いある身と 人やみん」と続ける中、右へ回って常座で開キ、シテサシ「面白や花の都の春過ぎて 又その時の折からも」と謡います。
地謡が続けて謡い、さらに下歌に。シテは笹を下ろして片シオリ。上歌となってワキ正あたりに進んで開キ「忘れめや葵を草に引き結び」と笹を見、角へ出て角トリ。舞台を廻って常座に戻り「身はかはるまじあじきなや」と地謡がおさめるのにあわせてシオリます。

ワキが立ち上がり問答に。
狂女物の前場では、こうした問答が挟み込まれていることが多いのですが、味わってみるとなかなかに面白いやり取りになっています。概ね、ワキは世間的常識の視点から至極当然の発言をしますが、一方のシテは神仏の教えなどをふまえつつ、常識を超えたところから反論をします。だからこそ「狂い」なのでしょうけれども、常識にとらわれすぎていないか、と日頃を振り返ってみるのも一興かと思います。

ともかくも、御神事の日だから心静かに参詣するようにと言うワキにシテが反論し、そこから当社が歌舞を納受されるという話になります。ワキが、かの実方が臨時の舞姿を水に映したその地であると教え、シテは「あら有り難やと夕波に」と謡い、「今立ち寄りて 影を見れば」の詞章に、正先へ出て水を覗き込む型。地謡で常座に進み、正面に向き直って五足ほど出、下がって「涙のおちぶるゝこそ悲しき」と片シオリ。さらにあらためて二足ほど出て「命ぞ恨めしき命ぞ恨みなりける」の地謡に、二足下がってシオリ、その形のままに常座で後見座の方を向いて佇みます。
ワキの独白となりますが、このつづきはまた明日に
なお「実方」については、梅若六郎、現梅若実さんが復曲能「実方」を演じられた時の鑑賞記で触れていますので、併せてご参照ください。(鑑賞記初日月リンク
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2537-5d8074b5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。