FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

国栖のつづき

一声の囃子で子方を先頭にワキの出。
鎌倉能舞台の公演では字幕e能ということで、演能の際に字幕表示を行っていますが、今回の東京公演では、このシカケを国立能楽堂に持ち込んでの演能でした。で、その字幕での「一声」の解説に「追っ手から逃げる足取りを表してる」とありまして、なるほどそういう気分なのかと納得したところです。もちろん一声は一声ですが、気分の問題ということでしょう。
子方は白大口に単衣狩衣、直纓の初冠で先頭に立ち、モギドウ姿の輿舁が輿を差し掛けます。白大口に袷法被のワキが続き、子方が正先、ワキが大鼓の前あたりに立って、ワキ、ワキツレの一セイ。さらにワキ、ワキツレの謡が続きます。
昨日書いた通り、観世流では「やごとなき御方」などとぼかした謡になっていますが、ワキが下掛宝生流のため、ここの謡では他流同様に浄見原天皇が御伯父大友皇子に襲われてと謡いました。

道行の形で春日野から吉野川を伝って歩みを進めたことを謡い、ワキの着きゼリフ。何處とも知れぬ山中にやって来たとして、子方はワキ座で床几に腰を下ろし、ワキは地謡座前に着座、輿舁二人は切戸口から退場します。
後見が紫の引廻しを掛けた舟を持ち出して一ノ松あたりに据えます。引廻しで本物の舟に近い形にみえますが、この舟は本曲でしか用いられない独特のものです。

アシライでツレ老嫗が先に出、シテが続きます。先に出たツレは無紅唐織着流しに水衣、釣り竿を肩に担い舟に乗ります。続くシテは無地熨斗目に水衣肩上げ、腰蓑を着けて舟に乗り、後見から棹を受け取ります。

シテが「姥や見給へ」と声をかけ、シテツレの問答。自分たちの住まいの上に紫雲が靉いているのは、貴人がお出でになるのではないかと話し、シテは構えた棹に右手を添え舟漕ぐ形になり、舟棹し寄せて家に戻ります。
地謡が謡うなか、シテは棹を後見に渡し、ツレ、シテと舟を下りて、シテは正中、ツレはワキ正に下居して子方の方を向き、「あらかたじけなの御事や」の謡に両手を合わせます。この間に後見は舟を裏返して橋掛り後の欄干に立てかけて下がります。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2540-6e719a30

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。