FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

奉祝の芸能

20日は横浜能楽堂まで出かけ「大典 奉祝の芸能」公演の第二日を観てきました。
当日も書いた通り、秋篠宮皇嗣妃殿下・・・紀子さまが来場されました。この公演は、令和改元の慶事にあたり横浜能楽堂が企画したもので、第一日が6月2日に開催され、この時は上皇、上皇后両陛下にゆかりある琉球舞踊が上演されています。
4月半ば過ぎに本公演を知り、とりあえず能が上演される第二日のチケットを取ったのですが、その時点で既に正面は満席で、今回は脇正面で拝見しました。

その後、6月になってテレビのニュースで、第一日の公演に紀子さま、佳子さまが来場されたと報道されたので、もしや今回もお出ましか・・・と思っていたのですが、当日能楽堂に着いてみると、報道関係者の姿。あ、やっぱりという次第でした。

第二日の公演は、尺八、地歌、箏曲の後、休憩を挟んで狂言、そして能という番組。狂言は復曲された「鷺」で、能は改元のとき以外はほぼ上演されない「大典」。なにはともあれ「大典」を観ておこうということで出かけましたが、前半の演目にもおおいに興味をそそられました。

箏曲や地歌は聞いたことがある程度で、詳しいことは分かりませんが、ともかく尺八、地歌、箏曲それぞれに素晴らしい演奏でした。皆さん演奏家としても著名な実力者の様子ですが、素人なりにも感じるところが大きい演奏でした。
尺八は尺八古典本曲「鶴之巣籠」。解説によれば「鶴之巣籠」という曲は各地にあるのだそうですが、本曲は東北の虚無僧寺「蓮芳軒・喜染軒」に伝えられた秘曲とのことです。一本の尺八からこんなに様々な音が出るのかと思うほどに、ビブラートがかかったような部分があったり、押さえた指がそのままに音程が変わったりなど、驚くような演奏でした。

地歌は難波獅子。継橋検校の作曲とありますが、君が代の歌で始まり、仁徳天皇御製と伝えられる「高き屋に登りてみれば煙立つ民の竈は賑はひにけり」などが詞章に用いられた目出度い曲とのこと。獅子の曲名ですが獅子とは特に関係ない様子です。今回は三弦の替手と本手お二人での演奏でした。

箏曲は五月晴。大正14年に作られた曲だそうで、大正天皇と貞明皇后の御大婚25周年を記念したものとか。聞いていても五月晴れの空が見えてきそうな、清々しい感じの曲です。箏、三絃に小鼓の構成でしたが、楽曲の面白さに加え、歌がなんとも良い心地を誘います。
いずれも、ああ上手の芸なんだなぁとしみじみ思いました。

先日、水戸で雅楽の公演がありまして、伶楽舎の演奏を聞き、舞を観ましたがが、これまたとても良い経験でした。
古典芸能全般に興味がない訳ではないのですが、これまでほとんど能狂言のみを観てきました。今さらながら、雅楽をはじめ三曲、歌舞伎などなど様々なものを見聞きしてみたいと思うところです。

鷺と大典については明日以降に
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2544-cc29950a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。