FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大典 片山九郎右衛門(横浜能楽堂特別企画公演)

観世流 横浜能楽堂 2019.07.20
 シテ 片山九郎右衛門
  ツレ 味方玄
  ワキ 宝生欣哉
  ワキツレ 則久英志 宝生尚哉
   大鼓 亀井広忠、小鼓 成田達志
   太鼓 前川光範、笛 杉市和

奉祝の芸能の最後は観世流能の大典。
本曲は大正天皇の即位大典を祝して作られたもので、配布された解説によればドイツ文学者の藤代禎輔が作詞、二十四世観世左近元滋が作曲。大正4年11月に京都の片山能楽堂で御大典奉祝能として初演されたとあります。

元滋はもともと片山家に聟入りしていた観世宗家三男の七世片山九郎右衛門、後に観世家に復帰した観世元義の長男で、八世九郎右衛門を襲名した博通の兄にあたります。二十三世観世清廉の養子となって二十四世となりますが、片山家とは大変深い繋がりがあり、片山能楽堂で初演されたのもなるほどと思うところです。
今回のシテを演じた十世九郎右衛門、片山清司さんは八世博通の孫にあたりますので、これまた深い縁あっての上演かと思います。
シテは菊花の付いた輪冠を被りますが、今回の公演では片山家に所蔵されていた古いものを着けました。九郎右衛門さんは、虫干しの度に何に使うものだろうと疑問に思っていたそうですが、今回、日の目を見たということのようです。

今回の上演では西野春雄さんの補綴、監修により詞章、演出の見直しが行われていて、ワキの勅使が訪れる場所も平安神宮から伊勢神宮へと変更されています。実際に観てみると手許の大典の謡本とは大きく違っていまして、シテの舞、ツレの舞も新たに作られたものだそうです。
このため一応メモは取ってきましたが、記録としてはかなり怪しいものになっています。狂言の鷺と同様、このあたりはご容赦ください。

なお今回の改元に際しては、山階彌右衛門さんが5月に住吉大社で、10月に観世能楽堂で大典を上演されます。5月の会は観ておりませんので、しかとは分かりかねますが、ネットの情報などをみると、彌右衛門さんはもともとの謡本にある形でなさった様子です。10月もそうされるのか、興味あるところです。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2548-accfe7ae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。