FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大典のつづき

今回の上演は様々に変更が加えられている様子で、復曲能や新作能にも近い感じを受けるところもありました。
まず舞台にいきなり一畳台が運び出されて大小前あたりに据えられます。紺地に大振りな輪繋ぎの文様、緋毛氈の一畳台ですが、これが据えられてからお調べが始まりました。
その後、地謡、囃子方が舞台に登場し座に着くと、あらためて引廻しをかけた小宮が出され一畳台に載せられます。

次第の囃子が奏されてワキ一行の登場。ワキは風折烏帽子を被り、装束付けには長絹とあるのですが白大口に黒の狩衣で登場しました。ワキツレ二人は素袍上下ですが、則久英志さんと宝生尚哉さん。尚哉さんは欣哉さんのご二男だそうです。
型通り舞台中央で向き合って次第を謡い、ワキの名乗り。当今に仕える臣下と名乗り、即位の大典にあたり奉告の宣旨により伊勢神宮へ参向すると言い、ワキツレを促すと、ワキツレが承り候と声を上げ、一同は舞台から橋掛りへと進み、三ノ松手前で折り返して舞台の方に向きサシ謡に。

謡の詞章はあらたに作られたもののようで、全くの別文です。なにぶん大正初年に作られた曲ですので、このサシの部分にも「宇内に国は多けれど 類まれなる神国の」などとあり、現代に上演するにはいささか気になる部分が多々あります。こうした点をふまえて思い切って詞章を改められたようで、半分以上の詞章が新たなものとなっている様子でした。

ワキが一ノ松に立っての謡から地謡に。地謡ももともとの「悠紀主基の 御田も穂に穂をさかせつつ」で始まる詞章とは全く別物で、聞き取った限りでは「実に潔き御裳濯の 実に潔き御裳濯の 川の流れは滔々と 底澄み渡るさざれ石 巌となりて苔のむす 松の葉色の常磐木の・・・」と謡われましたが、その後はメモが取れませんでした。この地謡の途中でワキ一行は歩み出し、ワキはワキ座にワキツレはそれに従う形で着座します。
ワキが、この宮居に報告の式が終わり心を澄ますと言い「折りしもあれ」と腰を浮かすと地謡になりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2549-0a30f036

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。