FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大典さらにつづき

もとの本では、地謡が「不思議や社壇の方よりも 不思議や社壇の方よりも 異香薫じて瑞雲たなびき微妙の音楽聞え来て 天津少女の舞の袖 返す返すも面白や」と謡って天女ノ舞となっています。
この場合、ツレ天女がどこで舞台に出てくるのか不明なのですが、今回はここも手が入っていまして、謡は「不思議や瑞雲たなびきて」と少しばかり修正された形で始まり、「社壇」には触れずに「返す返すも面白や」の謡い納めで下リ端が奏され、天女の出となりました。

天女は鳳凰の天冠で、緋の文様入り大口、白地に金で文様を散らした舞衣で登場し、常座で左右して下居、答拝して舞に入りました。もとの本では天女ノ舞になっていますが、舞は下リ端の舞の変形のような感じで、今回新たに作られたものと思います。
国栖では後ツレ天女が下リ端の舞を舞いますが、なんとなくその形を下敷きにしたのかとも思うところです。
舞は途中で下居する形があったりなど変化に富み、優美なものでした。味方玄さんは、昨年のテアトル・ノウで屋島を拝見して魅了されましたが、天女のような優美なものもまた見応えがあります。

舞上げると「少女子が 少女子が」と渡り拍子の地謡で舞い、「雲の通い路ふきとぢて 少女の姿とどむらん」と雲扇。シテの出を迎える形を見せてサシて舞台を廻り、角から「玉の階踏み轟かし」と進んで下居。引廻しが下ろされて「神体出現 ましませり」とシテが姿を現しました。

シテの冠は先に書いたとおり菊花の付いた輪冠、だいぶん古いもののようでいささか色もあせた感じですが、平成の時なのか昭和の時なのか、はたまた100年前の大正のものなのか、もはや不明の様子ですが、ともかくも大典でのみ用いられてきたもの。
面は、装束付けには三日月とあり、5月の彌右衛門さんの舞台も三日月だった様子ですが、今回は邯鄲男でした。
半切に青みのかかった袷法被を衣紋着けにしていました。
さてこのつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2550-b9de8a1b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。