FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

朝長 中所宜夫(九皐会若竹能)

観世流 矢来能楽堂 2019.07.28
 シテ 中所宜夫
  ツレ 鈴木啓吾、トモ 桑田貴志
  ワキ 宝生欣哉
  ワキツレ 御厨誠吾 梅村昌功
  アイ 善竹大二郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 大川典良、笛 栗林祐輔

九皐会の若竹能は、もともと矢来の若手稽古会としてスタートした会だそうですが、平成5年の開始から年月が流れ、先生方も年功を積まれて若手の稽古会というには、いささかそぐわなくなってきたように思います。ともあれ年2回の公演ですが、今年は「道」をテーマにして、3月は花筐と鞍馬天狗を、そして7月にはこの中所さんの朝長と、佐久間二郎さんの井筒が上演されました。
今回は諸般の都合で朝長のみ鑑賞記を書いておきます。

朝長はこれまで二度ほど、ブログで取り上げてきました。喜多流の出雲康雅さんと金春流の山井綱雄さんの演能です。
出雲康雅さんの演能鑑賞記初日月リンク
山井綱雄さんの演能鑑賞記初日月リンク
観音懺法などについて
出雲さんの鑑賞記では、舞台の様子に先立ってこの能の背景となった保元・平治の乱の話など、朝長を巡る歴史の話も少しばかり書いておきましたので、併せて参照いただければと思います。また鑑賞記とは別に、観音懺法の話や、本曲の中入りの形についてなども書いていますので、こちらもご参照いただけると幸いです。

「中入りの形」というのは、本曲のシテは前場では朝長が亡くなった青墓宿の長である女性として登場し、後場ではその亡くなった朝長の霊として現れるのですが、この辺りを巡っての異説があるからです。数ある能の中では、前後で人格が違うという曲も稀有ではありませんが、そうは言っても、本来朝長を弔うべき人であり、ワキ僧による法事の場に最も居るべき人物である青墓宿の長が、中入りで姿を消し、後場で朝長の霊として登場するのはどうもスッキリしない感じも残ります。これについて大阪大学名誉教授の天野文雄さんなどが中心となって研究を進め、いくつかの徴証を積み上げて、朝長は中入のない形が原形だったと結論づけています。この点についても記載しておきましたので、ご参照いただければと思います。
天野さんの説をめぐって
明日につづきます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2552-56714f93

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。