FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

朝長さらにさらにつづき

トモまで幕に入るとアイが立って常座に進み、この家の長に召し使われる者と名乗ります。旅僧に宮仕えせよと言われたと言いつつ、ワキ正に進んでワキに向き合い、先ほど朝長の墓所を尋ねた僧だと気付きます。
正中に座して、宮仕えせよと命じられたと言い、ご用があればとワキに尋ねます。ワキは朝長の最期を語って欲しいと求め、常のやり取りがあって間語りとなります。
この内容は、以前に記したものと大意は変わりませんので省略しますが、語り終えたアイが下がるとワキの謡い出し。さらに「観音懺法読み奉り」とワキが謡って待謡。「感涙も浮かむばかりの気色かな」と謡い納めると出端の囃子が奏されて、後シテの出となります。

後シテは模様大口に長絹を肩脱ぎにし、黒垂に梨子打烏帽子の姿で登場してきます。常座に立って「あらありがたの懺法やな」と謡い出します。「昔在霊山名法華」と続けますが、昔、霊鷲山にあって説いた法を法華経と名づけ、今は西方にあって阿弥陀仏と名付く、娑婆世界には観世音と現じるが、三世は同一体云々という偈。この姿にワキは合掌します。
この偈は道明寺や高野物狂、さらには狂言の宗論にも出てきます。天台智顗の師である慧思禅師の偈で、智顗の著した書物にあるという説もあるのですが、出典の確認はできませんでした。
ともかくも有難い偈を唱え、地謡と掛け合いで弔いに感謝しつつ、シテは足拍子を踏んで開キ、角へ出て角トリ、舞台を廻って常座に向かい小廻りしてワキに向かい「あら尊の弔ひやな」とワキを向いて開キ合掌します。

ワキが朝長の姿を認め、シテと交互に謡って地謡に。シテは開いて足拍子二つ。袖を返して出、サシ込み開キ。「深夜の月も影添ひて」と左の袖を前に出して見つつ正先へ出、ワキを向いて話しかける風から常座へと進み、小廻りして「御法を説かせ給へや」と開キます。クリを謡って大小前に進み床几に腰を下ろしてサシからクセへと進んで行きます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2555-5d36f7c8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。