FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

仲光 中森貫太(能を知る会東京公演)

観世流 観世能楽堂 2019.09.14
 シテ 中森貫太
  満仲 観世喜正、美女丸 佐藤碧、幸壽 野田歩花
  ワキ 森常好
  ワキツレ 御厨誠吾 梅村昌功
  アイ 高野和憲
   大鼓 亀井広忠、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 杉信太朗

能を知る会の東京公演、観世能楽堂では初めてだそうですが、例の字幕表示装置を持ち込んでの公演でした。
中森さんは、いわゆる稀曲の類にも積極的に取り組まれていますが、今回は「仲光」。以前、金剛の「満仲」を観た際に書きましたが、仲光と満仲は同曲です。ただし、それなりに違いもありますので、「満仲」との違いをふまえつつ曲の流れを記載しておこうと思います。
金剛流豊嶋三千春さんの「満仲」ブログ月表示リンク

舞台には、出し置きの形でツレ満仲がアイ従者を伴って登場しワキ座で床几に腰を下ろします。薄い浅黄色の地に金の文様を散らした単狩衣に指貫、風折烏帽子の装束です。
改めて幕が上がり、子方二人が先に出て一ノ松と二ノ松に控え、シテが三ノ松に立って名乗ります。

下掛の「満仲」では、シテ仲光一人が登場して名ノリの後、中山寺に上らせた満仲の子が、学問には心を入れず武芸に明け暮れているので、満仲から迎えに行くよう命じられたことを語ります。さらに自分の子である幸寿が中山寺に召し使われているので、良い機会だから尋ねようと言って、常座から橋掛りを向いて、幕に向かって案内を乞います。これに答えて幸寿が登場し、やり取りの後、幸寿が間に立って美女丸につなぎ、美女丸が幕前に出てきます。

上掛の本はこの部分を欠いていて、先に記したように、シテの出で子方二人を先に出し、シテは三ノ松に立って、中山寺に美女丸を迎えに行きお供をして満仲の御所に戻るところと名ノリます。
シテの装束は、装束附では白大口に、掛直垂または上下直垂裾折込とあります。しかし当日は中森さんが新調された鎧直垂ということで、青の地に、袖口と袴の裾口近くに通された白の括り緒が印象的な凛々しい装束でした。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2557-1f125bfe

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。