FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

仲光さらにさらにつづき

シテは常座から正中へと出て両手を突き、ワキ座で床几に腰を下ろした満仲に、美女丸を討ったことを報告します。
仲光と満仲のやり取りが続きますが、美女丸を失った(と信じている)満仲は、幸壽を自分の子としようと言い出します。仲光は幸壽が元結を切って失せてしまったと言い、自分も暇乞いをし出家したいと言います。
地謡が下歌、上歌と親子の哀れを謡ううちに、幕が上がって美女丸を先に立たせたワキが登場してきます。

美女丸が一ノ松、角帽子に水衣着流しのワキが二ノ松に立ってワキの名ノリ。比叡山の恵心僧都と名乗り、子細あって満仲の館に急ぐと言い「かうかう御座候へ」と子方を進ませて鏡板にクツロがせ、自らはあらためて一ノ松から案内を乞います。
シテが立って常座に出て応対します。シテ仲光にワキは「さても幸壽が事は候」と、幸壽の亡くなった子細を含んで声をかけますが、それ以上は言わずに満仲への取り次ぎを頼みます。
仲光が満仲に取り次ぎ、シテは大小前に着座し、ワキは常座に腰を下ろして満仲に向かい合います。満仲が何のための御出でかと問うと、ワキは美女丸の事を申し上げようとやって来たと言い、仲光に申しつけて斬ったと答える満仲に、ワキは心を静めて聞くようにと言って美女丸の子細を語り出します。
美女丸を斬れとの満仲の命に、仲光は主君を手にかけることはできないと迷い、我が子の幸壽の首を切って美女丸として御目にかけたのだと語ります。この言葉のうちに美女丸が出てワキの後ろに立ち、ワキは「されば我が子に代へて思ふ程の」と言いつつ立ち上がって美女丸の後に立って角へと出します。
美女丸は角で両手を突き、ワキは下がって下居します。

満仲は、幸壽が亡くなったのであれば何故に共に自害しなかったのかと美女丸に詰問しますが、ワキは、諸事をさし置いて幸壽が供養と思って美女丸を助けてやって欲しいと言います。
仲光も満仲を向いて両手を突き、地謡に。「猛き心もよわよわと」の謡に、満仲は一度立ち上がった床几に腰を下ろし「領状を申しけり」と美女丸を許した形になります。
さてこのつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2560-3b4e4edf

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。