FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

仲光またつづき

地謡は「猛き心もよわよわと はや領状を申しけり」に続けて「仲光余りの嬉しさに」と謡い、仲光は立ち上がって美女丸を立たせ地謡座前に。ワキは笛座前に座し、仲光は正中へ。
「御盃や菊の酒 仙家に入りし身の 七世の孫に逢ふ事も」の謡に、仲光は満仲に酌をし、さらに美女丸にも酌をして正中に戻り「一世の契の二度逢ふぞ嬉しき」の謡に両手を突いて畏まります。

仲光は体を起こし「親子鸚鵡の盃の」と謡い、地謡が「幾久しさの酒宴かな」と謡うと、ワキが仲光を向いて「いかに仲光」と声をかけます。目出度き折なれば一差し舞う様にと言い、続く地謡の「幾久しさの酒宴かな」の繰り返しに、仲光は袖の露取って正に向き直り答拝から笛の吹き出しで男舞を舞います。
男舞は他流同様、中ノ舞ほどの重い位で、目出度き折とはいうものの仲光の複雑な心情を表現しています。
二段のヲロシで常座に着座、片シオリした後に立ち上がって舞い続けますが、三段でも正先で一度腰を下ろしガッシして立って舞うなどの型があります。「愁傷之舞」の小書が付くと舞の途中で着座してシオルと聞いていましたが、今回は特段の小書は付いておらず、このあたりは中森先生の演出ということなのかも知れません。

ともかくも深い思いを感じさせる男舞を舞上げるとシテのワカ、上扇から開キ、大左右して下がり常座に着座します。「あはれやげに我が子の幸壽があるならば 美女御前と相舞せさせ 仲光手拍子囃し 只今の涙を感涙と思はゞ 如何は嬉しかるべき」と謡いつつ片シオリ。
地謡が「思ひは涙 外目は舞の手」と謡い続け、シテは立ち上がると左の袖を返して左へ向き直りサシて「上露も下露も」と開キつつ下を見、右から小さく舞台を廻って「昨日は歎き 今日は喜の都に帰る」の謡に満仲を向いて正中で座して両手を突きます。ワキが立ち上がって美女丸を立たせ「恵心の僧都は美女を伴ひ」でワキ、子方が橋掛りへと進みます。
シテは正中から常座、さらに橋掛りへと二人を追い「仲光も遥に脇輿に参り」で一ノ松で美女丸の前に下居、ワキは二ノ松に立ちます。「かまへて手習学問ねんごろにおはしませと 御暇申して帰りけるが」の謡に、シテはやや下がって両手を突き別れの挨拶の形。
シテが立ち上がって舞台に戻る一方で、ワキが子方の後ろに回って歩みを進め、シテは正中から二人を見送る形ですが「暫しは御輿を見送り申し」の謡に常座までゆっくり出て、繰り返す「暫しは起こしを見送り申して」で片シオリして下がり「うちしをれてぞ 留まりける」で常座にて正面を向きモロシオリして留となりました。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

本曲に登場する満仲はもちろん実在の人物ですし、美女丸は恵心僧都こと源信の弟子として後に源賢法眼として大成します。仲光や幸壽については詳細は分かりませんが、当日の葛西聖司さんの解説に「残酷な物語を昇華するために」こうした物語が作られたとありましたが、仏の加護によって美女丸が後々、立派な僧侶となった仏教説話として理解できるということでしょうか。
中森貫太さんの熱演と、子方二人の好演が光った一番でした。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2561-e0e5e8a0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。